【B】プレシャスオパールとアメジスト、ゴシェナイトのネックレス(ブラウンの紐)

【B】プレシャスオパールとアメジスト、ゴシェナイトのネックレス(ブラウンの紐)

蝋引き紐0.3mmを4本使い編んだものです。ゴシェナイトとアメジストを入れてみました。今度はどのようになっているのでしょうかぁぁ。水晶はころんころんと動きます。こちらも写真のままのものをお渡しとなりますので、ベージュの紐もブラウンの紐も約45.5cmとなってます。今回はゴールドのフックを使っております。オパールはまとめ上手なので使いやすいです。全体をまとめてきます。

【素材】

  • プレシャスオパールAAA4mm×14
  • ボリビア産AAA4mm×2(5mmほどありそうです)
  • ゴシェナイトAAA4mm×2
  • カット水晶6mm×2、8mm×2、楕円1
  • ガラスビーズ
  • フック・ビーズ14KGF
  • 蝋引き紐(化繊)ブラウンの紐
  • サイズ約45.5cm
  • 石の説明と活用法
    初めてakuaをご利用の方には、「石へのプログラミング~祈りの具体的なステップ~ 」
    スピリチュアルメッセージ

illust-hokkori3

積極的に取り組むことが出来ない時に。やる気がおこらない状態で、疲れて気力すらないような時に。そうゆう状態でありながら無理にしようとして焦って、気持ちを奮い立たせようとして無理なことをするなど、しかし努力が空回りするなど、うまく進まなくなっているとき。「動」ではなく「静」の時に無理をしないようフォローするようです。無理をして動かないよう、力を抜いて落ち着けるようサポート。自分の無理なやり方から離れ、落ち着けるように、無欲というのか、力を抜く感じです。チャンスに恵まれないとか、けして不運気な時ではなくて、静寂の時期の方であり、身体がだるくなってきたり、精神的にも外には気持ちがむかず、一人を好んだり、穏やかな生活を望むようになっているなど、元気がなさそうに見えてくるもの。無理な動きは、望まない方向へどんどん行ってしまいますからね。招くことになりますから。

バイオリズム的には、心身ともに絶好調な行動する時期ではなく、静寂の期間にはいっているときに、無理な行動をとなないようサポートするようです。見極める力も養う様子。周囲は変わらず止まることがなく流れ動いてますが、自身は「静」状態となり、活気はないものの、焦ることなく落ち着いて状況の適切さを見てとれるようになり、タイミングがわかってくるようです。行動をする時期の到来もわかってくるかと思います。キャッチできるようになる。人生のターニングポイントになるような事を起こす時は、その行動をする時期に、もっていけるようになるので、静の時には、大きく変えるような何かをすることはせず、行動する時期に輝けるようにするために仕込みをしていくとよいです。心身を癒し、本を読んだり美しい音楽を聴いたり、文化に触れるようなこと、心の栄養を蓄え、興味があったことや、趣味とか、今後の10年ほどの計画を立ててみたり、静の時間を自分のために使う方が、次の動きに役立ちます。自分も今後も見えてくると思います。

その他の作品はこちらから→『ちくちく、あみあみ限定作品』(★Sold out★の作品は、再販はございません)

関連記事

Tag Cloud

return top