八女市へ。

31日からのお休みで八女へおでかけしてました。連休でも人が少ないところで、田舎のほのぼのとした感じを味わえて、のんびりゆっくり、まったりと、くつろいできました。八女の福島では、街全体でイベントが行われていたんですけれども、小雨ってこともあってなのか・・人の気配が少なすぎて。やっているのか?此処は何?ここはどこ?私はだれ?状態になります。静かな静かなイベント。どこかで何かしていますよ・・ってパンフレットを片手に気になるところは、思いきって扉を開けてみる・・って感じです。

そんな静かな八女の夜では、沖縄の料理をいただく。お店の方も素敵な方ばかりで、お人柄が良くて。奥様が沖縄の方なのだそうです。泡盛もいただいて「久米仙」に挑戦。美味しかったので二日目はロックでいただく。ちなみに二日目はモツ鍋を。美味しかったです。

また久留米市へ行き、こってりの久留米ラーメンじゃなくて、味噌ラーメンを。食べた後に見えるけれども、どんぶりが大きくて深く・・てか、お店の名前の部分が見えるようにラーメンを作っていると思われるので、てか、すごくお金をかけているお店だなぁと。内装もお箸もテーブルも椅子ももろもろ特注品。かっこいいラーメン屋さんでした。おいしかったよ。

べんがら村へは農産物のお買いものと、目的の温泉へ。歩いていったんですけれども、iPhoneのナビが田舎の道を案内する。すごく不安にかられる細い道。車1台が通る道。人はギリギリ端っこへ、または民家へ入り込むか・・って感じの細い道。無事に到着しましたけれど、それが最短距離だったんでしょうね。対馬に帰った気分でした。しかし温泉は、すっごい気持ちよかった。また行こうと思います。

長い連休で浄化とチャージしてまいりましたから、元気にもくもくと制作に専念したいと思います

関連記事

Tag Cloud

return top