糊付け中。

朝から地味に封筒とか作るワタシ。夏の金魚が終わり小鳥ちゃん。こうやってシールとかも自分で作る。illustratorのソフトなんすけどね、グラフィックデザイナーの時に使っていたもので便利なんす。akuaの印刷物はすべて、これなんですが、ゆるい素人っぽいデザインですんまそん。(;;Φ Φ)ちゃんとしたデザインしなさいよってねぇ。街中のポスターとか、そうゆうのでないかぎりは、ゆるいです。がらりと変わる。素人っぽく、ゆるい方がこうゆう場合は読んでもらえる。手書きが一番いいんですけどねぃ。手書きは心が入るから。宿る。

 

グラフィックデザイナーのお仕事を見つけると、もう一度やってみたくなるね。時代遅れのデザインになっちまったのかなぁ?とか自分を試したくなる。なにより、何にも無い白紙からデザインが出来上がっていくのが好きね。もの作りも同じで、紐が編まれて何かが出来上がる。((o(。>ω<。)o))たまりません。

 

アイディアは自分が出すんじゃないんだよね。アイディアは才能ではない。降りてくる。自分の力ではない。一人になれるところで静寂な時のなかで閃き湧いてくる。授かるというのかな。表現するために言葉にするためには、外からの知識や情報の蓄えはいる。色んなストックがあればあるほど、引き出しがあればあるほどわかりやすくなってくる。理解するために、蓄える素材がいる。突然開かれた引き出し、そこで本を思い出したら、どの本のどのページに・・とか、そこまで思いだすこともあるもんです。

 

そのためにも外へと飛び出したり、本を読んだり、雑誌を見たり、写真を見たり、映画を観に行ったり、人とあって話をしたり(自分だけでないからね後ろの方々も)、観察したり、自分の仕事とは関係のないだろう物を見に行ったり、ウィンドウショッピングも、触れて感じたり、自然の中に身を置いていたり、いろいろ。その時の事が引き出しにしまわれていく。

アイディアはデザインだけに限らず、企画とかもあるし、目の前の出来事をどうしよう・・って、何らかの閃きが欲しい時ってあるから、一人の静かになる時間は大切にされつつ、また色んな事に見て触れて感じることって大事っす。たくさんの引き出し。お金では買えない自分の宝ものです。どれだけ経験していくのか、出逢うのか大事だね。

ちなみに、私の閃きは、デザイナーの時はトイレの時とか、当時は煙草を吸っていたので、煙草を吸いにいったときとか。力が抜けたときだったね。あ!と閃く。慌てて戻ると一気に仕上がる。まったく煮詰まってしまってどうしようもなくなったら、〆切時間が迫っていようが関係なし。開き直り外に出かけてました。ぶらぶら喫茶店でお茶したり、歩いていたら突然思い出したように閃いて、すっとんで戻り、あっという間に出来上がり時間に間に合うものでした。

 

あ。話しずれたね。封筒。まだ糊付け途中でした。発送は夕方を予定しております。連休になるからね。相当長いし・・ポストに入るような物で発送できるものは、お休み中でもがんばって発送いたしますです。窓口に行かなければならないものは、連休明けとなります。

 

 

関連記事

Tag Cloud

return top