おやすみ。

そうそう、まだ本を取りに行ってない。荷物が到着するとのことで待っていたら、午前中でも午後でもなく、夜に来たという。おぉぉ・・・・い。それなら取りに行けたじゃん。またしばらく取りに行けないので色々終わってからにしよう。取りに行っても読める時間がしばらくないしね。

そうそう、14日と15日はお休みをいただきます。大事な日ですしね。15日は宗像大社へ詣ります。それまで仕上げないとね。多いのよ。今回の分も一緒に行くので、紋様がそうゆうことだろうと思うのです。凄いことになるけど、間違わないようにしないとね。

自宅の神棚へのお供え物も、お料理もその時食べるのをご用意して。

皆様も、日本人として、その日は大事にして欲しいなと思います。新天皇が即位後最初に新穀を天照大神と天神地祇に備え、ご自身もこれを召し上がられるという伝統的な儀式です。

かごめかごめの歌が、このことじゃないかと言われております。

夜明けの晩に行われるもの。秘儀です。

毎年は新嘗祭です。新穀に対する神々への感謝を捧げる。即位後始めてするのが大嘗祭となります。神様をお迎えする儀式です。天皇とは日本の最高神職であり、日々国民ために祈っていらしゃいます。国の繁栄と国民の幸せを祈られている。その務めを果たすことを前回宣言されていた思いますが、日々やっていることと、また時々に宮中祭祀において祈られます。

もっとも重要なものが、新嘗祭であり、さのなかでも、即位後にしかない大嘗祭数十年に1度のものです。天皇となった人が1度だけする大嘗祭です。この儀式をすることによって、真の意味で天皇になられるということです。

そう言えば、新嘗祭の行事でも正座を2時間続けるので、平成の天皇は、新嘗祭の時に足のしびれや痛みなどに惑わされず、前向きで、澄んだ、清らかなこことで祭祀を執り行いたいと考えているとのこで、普段のテレビをみるときは必ず正座で見ていたとそうです。(天皇家の執事 侍従長の十年半 著者:渡邉 允より)

この本では、すごく真面目な方だったということが、よくわかります。この本を読んでから、私がまたのめりこむことになったんですけどね。日本ってすごいやってなっていくという。

読む機会があれば読んでみてください。

あと、内掌典として57年務められた高谷朝子さんの著書もオススメします。

★宮中賢所物語 57年間皇居に暮らして

★皇室の祭祀と生きて 内掌典57年の日々

 

まぁいいですが、

願い事をするのではなくて、パワーをもらいにいくとかではなくて、私事でははなくて、感謝を捧げる日として、また仕事の方はお仕事に行く前に氏神様へよって、感謝を捧げられると良いかと思います。日々祈ってくださっている天皇陛下に対しても、感謝の気持ちを忘れずに。

捧げられるものは、お米を初め、山の幸、海の幸、川のもの、畑のものとかですから、その日のご飯を同じようにされて、自然への感謝の気持ちもこめて、丁寧にいただく。大事に過ごされてください。

自分の人生で2度も経験できたのは、ありがたいことです。日本人を選んで産まれて来ていて、この時代を経験しながら、もっとも高い精神性を持つ国に来ているので、深く学びたくて、たましいを向上させるために、やってきたんじゃないかなと思ってるんです。日本人としての心、文化を大事にしていきたいと私は思ってます。

銀杏。くさいなぁ。頑張ったよ。美味しいよね。がんばったよ。

鏡のポーチは形が決まらなくて出来上がってないです。あはは。ほんで、リスは・・いや、ネズミは置物だけは、そのままでアップできるので、するかもしれない。まだ撮影ができてないです。

ビーズの分は、鈴をつけたいので、買いに行きます。

というところです。

フックサイトと、天然本水晶の八咫烏のバッグチャーム

ネズミの王様と、リスの王様。

関連記事

  1. 翡翠とかギベオンとか。

    ギベオンをあらたに注文したら、ひょっこり出てきた前のギベオン。もう逃がさない…

  2. 残念。

    キャンプの帰りに寄ったところ。九重“夢”大吊橋。10月30日で10周年なのだ…

  3. サードオニキスさん。

    あっという間に3月ですよ。反省が多い日々。3ヶ月分を表示することができる卓上…

  4. ぽろり。

    台風は無事に過ぎ去りました。午前中の雨風がさすがに強くて、トマトが鉢ごと倒…

  5. ダリアぁ。

    少しずつ外側から開いていくんやねぇ。しかし、今日は雨が強く降りそうなので、大…

  6. スギライト君。

    好きな石スギライト。渋いよね。渋い。アメジストとスギライトが好きなのね。紫色…

  7. 寒かった。

    灯油をもう買ってなくて、出番が少なかった石油ファンヒーター君。もういいだろう…

  8. 牛乳パックたちのお仕事。

    小さい封筒の印刷が、紙詰まりする時があり、それも豪快な紙詰まりで、そんな大き…

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

akuaは石ころ屋さん

akuaは石ころ屋さん

「akua」とはハワイ語で神・霊的な意識・精霊など深い意味を持ちます。古代ハワイでは、石にも岩にも意識があり、心を通わせる事ができると信じられてきました。石に思いやりと敬意を持つことで、石との交流は深まります。

PAGE TOP