さてと。

昨日は出品後はバタバタと準備してお出かけ。途中でどうしても食べたかった『たこ焼き』をようやく食べる事ができました。Ψ( ‘ч’ ☆)大満足。土曜に出かけたときに、『たこ焼き』を食べる予定で、途中下車し、テクテク歩いてお店に行くと、暗い。(´・ω・`;)アルバイトの募集の紙は貼っているものの、真っ暗で人の気配なし。土曜なのに昼過ぎに開いてないって???夜は居酒屋に代わるようなので、夜のみなのかな???ショック。食べれないと思ったら余計に食べたくなるもので、翌日に別のお店へ。出来立てをいただけましたぁ。熱い!あいぃ!が先で味わうってぇのが、ね・・。少し冷まして食べるべきでした。|柱|ヽ(・_・`)反省…

さてさて、この先のスケジュール。どう考えても製作とUPも、8、9、10日しかないし・・と、12日もどうにかできるのかなぁ。作品をUP後の製作できる日っていうのが、来週しかないんじゃないか?それでも来週も3日しか営業していないしね・・。その後はイベントの梱包作業で、その発送まで大変だもんね。頭がまわっちょりません。出来る限り作品作ってみようかなぁ。そして、カレンダーに専念できるように。

このくらいは作れるかな?の製作待ちの石たち。あとのは次ですな。

トップ写真の石。辰砂の入ったもの。シンナバー。別名で賢者の石、丹砂、朱砂といわれるもので、日本では古来「丹(に)」と呼ばれていたもの。ホワイトカルセドニーが最近気になってっていて、あれこれ見ていくものの、これだ!というものがないまま、ホワイトカルセドニーそのものは、すぐ手に入るんだけど、真ん丸ビーズばかりなのも、飛びつけない原因でもあり。日が経ち。それがこうゆう形で出会えるとは!きたぁぁ!!!と嬉しかった。しかしながら4つしか手に入らず。希少です。気品と優雅さを強調とする鉱物とされ、金運を高めて財力を強め、物事を順調に遂行して成功に導く力があるとされております。

紅朱砂:辰砂が内部から表面上へ点状に浮き出たもので、朱色の砂を散りばめたように見えることから「朱砂」と呼ばれる。シミのように全体的に赤みを帯びるものを「朝やけ」とも呼ばれる。その部分をわざわざビーズにしてくださったものです。

 

ゴールドでも18Kとか、メッキじゃないもので作りたいけれど、そろわないし、余計に高価になってしまう。シルバー土台、または何もないか。迷うところですね。素材で出来上がりの力って変化がありますからね。物にはすべてエネルギーがあり、さらに、作り手の念があり。この石そのままいかしたい。4つしかないから、アイテムも選んでいただいて製作するか、せっかくの物なんで、水晶とあわせて水晶球と同じ祈祷にするか、うぅぅぅん。迷う。これに関しては本日中に決めちゃいます。

では、梱包、発送、そのまま私用を済ませてまいります。

 

 

関連記事

return top