じわじわ増やしながら。

昨日、ずいぶんと進んだ製作です。製作しながら、昨日の記事に説明もじわっと増やしておりましたが、途中からは製作に専念しました・・。あともうちょい!かぎ針で編む程度です。終わりましたら撮影に入りたいと思います。写真の石はプレナイト。美人でしょ。あまりの美しさに、また十分な大きさに、この石の持っている力を存分に発揮できるんじゃないかと、惚れてしまったもの。光に翳すと、吸い込まれる美しさなんですけれど、撮影が難しい。ピントがずれるのね。これは届いた方のお楽しみだね。はい。留め石には翡翠とアメジストをつけてみました。

IMG_20151130_153441★プレナイト・・根気強さ、首尾一貫した意思を表す鉱物。頭脳を明晰にして理性と感情のバランスが上手にとれるようになり、たくさん寄せられる情報の中から、本当に必要なものだけを選択できるよう促す力があると言われております。物事の真実が見抜けるよう導く力があると伝えられております。
★翡翠・・古くから洋の東西を問わず、いろんな民族が魔法の石として崇めてきた石。持つ人をもっと強い市全体にするよう援助する石。いままで怖くてできなかったようなことが、ごく自然にできるようになり、その気を周囲に発散するので、慕う人も増えてくるというもの。沈着さと忍耐力を養い。災難から身を守る力があると言われております。
★アメジスト・・精神的不要の緩和。慈悲、優しさ、思いやりの力があり、人間関係を円満に保つ。感情のコントロール、迷いを断ちきり前進したいときに。

 

スティルバイト・・本能の感覚が鋭くなり、特に直感力が強まって物事の深部に隠された問題点を探りだし、その解決策が見いだせるよう導く力があると言われております。強さ、温かさ、活力を与えて人格形成の基盤を作り、同時に明晰な頭脳と英知に富んだ思考を授けてくれるとされております。

他の石と組み合わせを考えましたが、このままが良さそうなので留め石を水晶にしてみました。あと、もう少し大きなタンブルが2つあり。そちらは草木染めの毛糸で持ち歩き用のポーチを編みます。

 

やることが、あまりに多すぎる今日この頃。大丈夫かな。油断すると、とんでもなく怠けやすいので気合いを入れて、一日を大事に過ごしたいです。未来につながっている今なんですもんね。

いろんな決断の時で、ひとつの切り替え、節目。動き出さなければならないときで、しかしながら、とてもお尻が重たすぎる私でして、自分のこととなると石橋をたたきすぎて割れてしまって、自らが進めなくしてしまうような性格。慎重すぎるほどに幾度となく相談しつつ。さおりさんには災難、災害が降りかかる事は有りませんとまで言われても、石橋をまだ叩く。人並み以上に器用で、人並み以上に文芸、美術など芸術センスがあり、才能があり、情熱を持つだけで人並み以上の作品を作ることができ、継続は力なり、自問自答しながらも、結果的には才能が開花するので、才能を引き出しにしまいこまないでと言われましても、そこまで言ってくださって相当に嬉しいことでありながらも、まだ跡形もないようなほどに細かく砕けている石橋をさらにまた叩く。ほとほと自分が嫌になる。

 

気力が足りなさすぎる。だいたい腹をくくり進んでいきますと、悩みがばかばかしくなるほどに、スムーズに受け入れられて、前からいたような・・といわれるような、あつかましく、しまいには態度がでかくなる。しかし今度は自分に足りない謙虚さを学び身につけたいから、やりたい。

 

毎回、こうゆう節目になるとき、決断に悩みがあるとき、タイミング良く登場される長いおつきあいのお客様がいらっしゃり、霊的な力のある方なんですけれどね。私の乱れまくった電波があっちこっち流れまくっているんだろうか。akuaでの私の役目のお話を聞く。水晶がかわる。かぁ。ずいぶん前にもまったく違う方にも聞いたんですけれど、その力がある人と。あと慎重すぎるほどに相談している方にも、以前に言われたが継続すること。決められていたことで石に出会うようになっていて、作るようになっていたこと、継続すること。与えられた秘めた力をつかうお役目がある。そういやぁ・・と、あの人も、この人も・・とあれもこれもと、思い出してきた言葉の数々。

 

昨日かな、夢に、山を開拓し新しい道路ができつつあって、ほぼ完成の状態。あとは敷かれているシートをはずしていくところ。綺麗な出来上がった道路。シートをはがすだけ。ひとり、そこを歩きひとつめのカーブを曲がった時、その先のカーブにあるところ、目の前に、大きな大きな立派なクスノキ。その木には御幣が巻かれており、とんでもないものだというのはわかる。ご神木。畏れ多く近づくことができない。しばらくすると、歩いてないのに、どうにか、その木に近づいたようですが、その木と目があわせられず、下の石段の端っこ、お邪魔にならない場所に座る。そんな夢。

新しい道は私の道なんだろうなぁ。美しく完成しているのにシートをはずすだけなのに、自分で簡単にはずすことができるのに、まだはずせないという。ご神木は私の守護の方をイメージされているんだろうなぁ。現世で、現在お恥ずかしい自分であり、だから目もあわせられず。

 

だれもが、一人じゃないからなぁ。たくさんの中の集まりの中の一滴が、自分という肉体を持って生まれてきて、多くの喜怒哀楽の経験を積んで心豊かに変えて、学び気づき、たましいを磨き、グループソウルのもとへと戻り、肉体を持って生まれた今世の経験を通して学んだことで、その水を綺麗にしていく。みなさんの代表で来ているようなもんでして、戻って汚すようなことにならないよう、現世でたくさんのことを学ぶ。心を変える。なのに、次なるチャレンジに一歩を踏み出せずに、モタモタしているから、新しい道が見せられたんだろうなぁ。

そのご神木のところの曲がった先がまだ見えない。不安で直視できななくて、今とおってきた明るい景色を見ながら、右目の視野に入っている曲がったところの道。新しい道の延長なのに、先が見えない不安に襲われる。見えるわけないよね。進んでないんだもの。私が進まなきゃ見えるわけがない。進みながら新しく私が作る道だもの。暗い道にするのも、明るい道にするのも、私次第。私の道。でも立派なご神木は、進む開拓する私の後ろに、ずっと居てくれる。

いろんなこと、やることがたくさんある今日この頃。忙しさに流されないよう、チャレンジのための一歩を踏み出せますように。今日も自分に祈る。

 

関連記事

Tag Cloud

return top