それはちょっと・・・。

大嘗祭は宗教やない。秘儀で、すべての天皇家のご神霊と繋がるとき。財政と世の中のことを思い、積もり積もった想い、感情が優先になってしまい、理性を失い、ずっと思っていたことが言葉になったんだろうけれど、宗教ではない。陛下は日本の神職の最高位です。国の民のために祈りを捧げている。祈りや神事によって守られている国。神社がすべて宗教になってしまう。それは違う。金銭は考えられる部分はあるかと思うが、宗教じゃない。日本の神道は宗教ではない。

ただあそこでの発言は、まるでスポーツ界で自分ではできず、世の中を巻き込み、外部からの力をかりて、思う通りに変えてもらおうとする、なんか、外に丸投げして他人に任せるみたいな、拡散とかわらんで、責任転換、他人任せみたいな、なんかな、あたしゃ、朝からびっくり。ショック。誤解をうむ。

わたしは日本人で良かったとおもうくらい、皇室、とくに天皇陛下と美智子様が好きなのよ。女性として、妻として、母親としても、尊敬する。殿下は真面目なかたで、模範となることに務め、そのことは天皇家の執事―侍従長の十年半 (文春文庫)で感動して、ますます、今世、日本を選んで、日本人に産まれてきて良かったと、心の底から有難く思うの。

神棚を置き、神との絆を結ぶ。日本人として、心の姿勢を正す努力をし精神性高くいきたいとおもう。日本は神々に守られている国なので、目に見えないエナジーはあり、大事な儀式があり。なんちゅうか、混乱しとる。今朝はびっくり。

なんにもわからん、考えない、調べないなら、鵜呑みにするさ。他人任せの情報を真実だとおもったり、ねじ曲げたものを信じたり、~らしいを、事実のように語ったり、愉快な方はそんな人の反応を見て楽しむだろうし、関係のない話を持ち出したり、思考は短絡的で、混乱するよ、おかしかぞ、日本がおかしくなりよる。いかん。

流されないよう。乱されないよう、光の道、正しい道を歩けますように。

 

石の説明はのちほど。かわいかろ。癒されてから、説明します。

関連記事

Tag Cloud

return top