ね。

外部がしゃあしいね(博多弁・・・しゃあしい「うるさい、うっとうしい」)自分が働いてる会社でもなく、自分の家族の会社でもなく。あそこで働く人たちの問題で、外部がグタグダ言いましても、外部には何らメリットはなく、あるのはデメリット。負の種まきをし続け、自分の未来がカルマの法則にて、負がドカドカやってくるのみ。

自分に必ずもどってくる。

会見は見てないけど。公開処刑みたいで好きじゃないから見ない。見ている人も興奮して感情的になり、あっちこっちで日本のあらゆる場所で見ている人達の中で、マグマがグツグツと。そっちが多いよね。だから爆発が増えてしまう。人のことに関わり自分のことはそっちのけになると、足元がぐらつき、地震は増える。

情けをかけるということが無くなり、いいか、悪いか、白か黒かを決めつける。悪いときめて排除したがる。恐ろしい。残ってやりなおすほうが大変なことで、辞める方が楽ですよね。悠々とのんびりできるところで余生を過ごせば良い。お金もあるんだし。今度はそれを妬み何か言う人がいるだろうけど、もうね、責任をそれでとったんで、言われる筋合い無いよね。追われたり言われたりするところにいる必要も無く。そっちのほうが楽だよね。あえて残る選択で最後まで責任を果たそうと、それに挑戦しようと、言われるたたかれることが続く中で、自分が変わろうとしているんでしょ?何がいけないのかわからない。

お給料にしてもその会社の問題なんで、わざわざ世の中にむかって叫ぶ必要もなくて、みんなに知らせる必要もなくて、会社内でみんなで話し合えばいいわけで、それができなくて、外に投げて、だれかにどうかしてもらおうと他人任せ。おいおい。ちみの会社でしょ?すぐにどうかなるもんじゃないだろうし、ましてやみんなで会議だって事もできないし、少しずつ改善していくようになるだろうけど、そっちの会社のことを外に放り投げるのは、どうかと思う。

よってたかって、ここぞとばかりに、人を責める。それも関係ない人まで。いやな想いをしたこともふくめて、外に丸投げ。改善していくために話し合えばよくて。なんかわからん。

かわいそうとかも、わからない。涙目で物事をみたらいけない。理性を失ったらいけない。淡々と、じゃぁどうしましょうか、さてどこからどうしましょうかと、すぐに何かが急に変わることも無いんで、コツコツと立て直しすることしかできなくて、外部が騒がしいのは、どうかと思う。混乱させて楽しんでいるようにしか思えない。株主にでもなって、中に入って話にはいるならいいけど、それはせず、口は挟む。みたいな。

恐ろしい世の中だと思う。まじで恐いです。悪意の刃を他人に向ける。

自分に戻ってくるだけなので、ざまみろと思えば、ざまぁみろが戻ってくるのみです。追い詰めればそうなるってことで、関係の無いところに、首を突っ込むのは、よろしくないけど、まぁいいや、自分に戻ってくるのみです。自分のオーラを曇らせ、同じ波長の人を引き寄せ、何だか上手くいかないとか、ぽつりぽつりと負の連鎖が始まるのみです。次から次にやってくるときもあるよね。泣きっ面に蜂みたいな事が続くことがある。自分に原因があり、もどってきただけなので。

不幸を笑ったり、陰口たたいたり、嫌がらせしたり、壊すための画策したり、憎んだり、妬んだり、人を傷つけ、争いに明け暮れることがないように。弱いから言う。無知だから言う。わざわざさらけだしているものです。自分の弱さと無知さに気づくことの方が大事。

自ら蒔いた種は、自らが必ず刈り取る。良いことをすれば、良い結果が返ってくる。悪いことをすれば、悪い結果が返ってくる。きわめて正確に働きます。想い、言葉、行動、ひとつ残らず、カルマとなって返ってくるのみです。自分で気づき、改めようという心になるまで、繰り返される。

どんな人であれ、たましいを成長させる途上にあるということ。経験し、味わい、その中で人の気持ちに気づき、痛みや苦しみ、喜びも愛も、理解できるようになっていく。経験が必要。失敗大いにけっこう。

自分とは別だからと裁くことはいけない。自分のしたことの意味に気づき、深い反省があり、学び、自分を変える。たましいの向上のために必要な出来事。反省する時間と機会を奪ってはいけない。

応援している。時間がかかっても良い方向へと向かいますように。ついでにブスとか、人の容姿をけなして笑いを取る漫才とか、脱ぐとか、そうゆう漫才は好きじゃ無いな。って個人的な話でした。

波長が狂いまくり。波動が狂いまくり。しっかり備えをしとこ。

「石ころ」

きれいなシトリンを使ってしまいたいので、作っていたもの。残りひとつのサンストーンとの組み合わせ。黒いのはブラックスタームーンストーン。これもきれいなの。手に届いてみないと、写真ではわからないもので。せっかく美しいものが揃っているので、いろいろ変身しておきたい。美しいのは心に響くからね。さぁぁぁっと洗われるようなことがあるね。お風呂上がりみたいな感じになるときもある。

心穏やかになり、自分のことをコツコツとやっていけるように。闇と光にわかれるようなものなので、未来の自分が、今の負のつけがくることより、今良い種まきをして、波長を高め、自分の未熟さ、愚かさに気づいて、変えていくほうに向きをかえられるように。

二枚目がテクタイト。やっとだね。紐が通らないからシルバーで作ってます。ガネーシャがついてます。ゴツゴツと存在感あり。近づくな!って感じの雰囲気があり。どんな感じになったんでしょうかぁぁ。

残り石はまだまだあるんだけど、撮影もできてないのもあり、それぞれにできあがったら、たまにアップでいこうかな。

ページ作りにはいります。

発送は夕方の予定です。

コロコロと。

理性を失うと。

関連記事

  1. 横から見た姿。

    ヘアカラーをすると頭皮が痛くてたまらないので、いつしかしなくなった私の真っ黒…

  2. クリスマスの出品2点のみ。

    今年のものは今年のうちに。もう一つあるけど、そちらと一緒でまだ到着しないだろ…

  3. そう言えば・・。

    そう言えば、29日はお休みだったと当日に気付く。郵便局あいてないじゃん・・発…

  4. さまざま。

    次の作品の石たち。あと2つ届きますが、まずは今手元にあるものからで、明日には…

  5. ゆびわ。

    寝不足中。二度寝で寝過ごしそうになったという。頭が重い。寝ぼけて、時間を置く…

  6. 落ち着くかな。

    お願いごと、おひとりがまだですが、のちほどご連絡いたしますね。私に、メールが…

  7. ぺろりんちょ。

    今日は四時半起き。仕込み作業が・・って料理屋さんみたいなことを言ってみる。ふ…

  8. 少しずつ。明日にはアップできるかな。

    スフィアと、サードオニキスを先に・・とは思いましたが、全部アップできそうなの…

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

akuaは石ころ屋さん

akuaは石ころ屋さん

「akua」とはハワイ語で神・霊的な意識・精霊など深い意味を持ちます。古代ハワイでは、石にも岩にも意識があり、心を通わせる事ができると信じられてきました。石に思いやりと敬意を持つことで、石との交流は深まります。

PAGE TOP