のぼり、くだり、また行きたい。奥にある滝へ。

膝が笑う。予想を超えた階段の嵐。階段を登るのはよいのだが、帰りは降り辛くなっていることに気付くものの、待ってくれの言葉も言えない。声が届かないし。ひとつひとつの階段とにらめっこ。膝小僧に激痛が走る一段。どうやって降りたらいいか一人で考えながら、まぁいいかぁ、後からの人もくるから、万が一歩けなくなっても、置いていかれても大丈夫かぁと開き直る。一段一段を1歩ずつ降りていく。そのために足元を見つめるもんだから、生きている小さな虫を発見する。お先にどうぞぉって譲る。向こうも待っている。どうぞどうぞ!と言ってみる。譲り合い?山に入らせてもらってまぁす。お世話になってまぁす。独りでしゃべる。あほだな。(片道で約40分くらいだったようです。)

わかるかなぁ?いまごろ・・説明です。

大切な事に気付かされる連休でした。

関連記事

  1. 【小】アメジストのポイントと、ヒマラヤ産アゲート…

    【小】アメジストのポイントと、ヒマラヤ産アゲートインクォーツ メキシコの…

  2. 3つばかり。

    夏至のときの作品で、カラーとか、メッセージを、最近購入された方で送っていない…

  3. 日本のぉスモーキー。

    日本という国を見直すときですよね。日本の精神、日本の心を取り戻したいですよね…

  4. 温泉いきたぁぁい。

    夢で温泉に入っていたら、オスのライオンが、のっしのっし。ガラス窓越しやから、…

  5. ひとつだけのネックレス。

    スケートを見ると、ワタクシ、自分が滑っていると勘違いをおこし、身体に力が入る…

  6. 生きてます。

    だめだこりゃってくらいに、こっちができてない。生きてます。日曜がまた落ち着け…

  7. スフィアっち。

    渋い色の中に輝きのあるブロンザイトさんと、落ち着いた紫の中にキラキラをもつレ…

  8. カヤナイト君と、花。

    次の「ちくちく、あみあみ限定作品」に登場する石たちより、変身し終えた石っす。…

PAGE TOP