まず3つできたところ。

自家製マヨネーズのために、やっと泡立て器を購入。自動じゃないよ手動ね。しゃかしゃかしゃか。今まではドレッシングを作るときの小さな泡立て器しかなくてさ、さすがに手が疲れるのだ。あっという間にできるようになる。安全な菜種油と、お気に入りの卵で、さっそく今日作りおき。3週間ほど持つので卵1個分で作ります。(いのちを愛しむ、人生キッチン・タミ先生の作り方です)

揃えたい道具は、あとすり鉢。魚とか海老とか、すり身を作りたいときなど、安定した重さのある大きなものと、ゴマ程度を擦る小さめと。かまぼことか、さつま揚げを作ってみたいのだ。すり鉢だとエビとかよくわかる、ぷりぷりしているし、触感と味、香りがある。ゴマも香りも味も違う。自分で作る方が、保存料だの色だの添加物、どこの産地?とか、心配することがなく、安心、安全。

いつも、または、すぐ使うものじゃないものだから、ついつい買いそびれている。

食器もいろいろ欲しいと思うけれど、きりがなくなるから買ってない。よく使うものが、それぞれが二つずつあればよいので、あるもので使いまわし。人様にお見せするものではないので、十分だ。

無農薬で、化学肥料無しの野菜が元気すぎるのと、白菜が常温に置いてて一か月経っても元気だったものだから、二つ頼んでおけば良かったと思ったほど。寒い地方なら持つ話でしょうけれど、ここは、ヒーターをつけずに過ごせる日もあるので、17度とか、今日なんか20度あります。

たまねぎも3度~5度で保存をと書かれていたけれど、(ヾノ・∀・`)ムリムリ。室内には、その場所が無い。外が氷点下になるときに、朝とかキッチンはその温度かもしれない。

そのような状況で元気な白菜、冷蔵庫の中の野菜も元気なままだし、そして、玉ねぎで、私は泣いてない・・・いつも、アレルギー反応が出てくしゃみも止まらなくなることもあったのに、それがない。

どうゆうこと?と調べる時に、出会った本。

野菜が壊れる (集英社新書 469B) (日本語) 新書 – 2008/11/14

新留 勝行  (著)

https://amzn.to/3r6qLDU

無農薬で、化学肥料無しの野菜が腐れないという。すべての野菜や果物は、本来変色したりカビったりしないもの。野菜は常温に置きっぱなしにしていても、しおれていくものだという。水分が抜けるとともに、果物なら空気中の微生物がついて、分解(発酵)されて甘みが増してドライフルーツになる。

野菜には本来苦みがほとんどありません。野菜が苦い、下の残るざらっとした感じがある、それは化学肥料の影響。キュウリとか苦いってあるよね?レタスも感じたことがある。

自然な状態で健康に育つ野菜は、変な苦みがなく、作物の味を感じられる。

化学肥料と農薬の悪循環。

野菜の栄養価についても、無農薬とそでないものの、違いが大きなことにも気付く。栄養が無くなった野菜たち。数値がどんどん下がっている。

肥料の話もあるので、プランター菜園にもとても役立つ。

昨日読み終えたけど、牛とか牛乳の話も、鶏の話も、ショックが大きく、過酷な環境で人間の欲望のために、大量生産のために、負担がかかりすぎている動物たち。逆に今のコロナで、飲食店の卸ができなくなったことで、見直すきっかけになるといいなと思ってしまった。良いものへの切り替え。生産は、量より質の大切さを書かれている。

安さ、早さ、たくさん求めた結果。安いという事は、ほとんど例外なく安全性と引きかえだということ。安さを求めて節約することは、間違いなくあとで何倍もの医療費となって返ってくると。健康であることはずっとずっと人を幸せにしてくれる。

自然が連鎖しているということを忘れてはならず、農薬や化学肥料を使いつづければ、土が荒れてしまい食物が作れない土地が増えてくる。化学肥料を使われてから、土地の許容量はもう限界に近付いている。土地の荒廃はこのあと急速に進む(2008年の本です)土地が悪くなって動物にも影響があって、人間にも影響があるわけでして、連鎖を忘れてはいけない。

目に見えないものを考えることがなくなった。すべての場面でそれが破壊の原因になったともいえるかもしれない。

10数年前は、健全な土地を取り戻すのに1年で汚染土壌の回復ができたのに、いまでは3年かかるようになっている(2008年での話)。農地が余っているように思えても、作物が農薬や化学肥料により育たなくなった農地であって使えないから放置されている。石灰でコンクリート化してしまったところもある。このままでいくと、日本の土地には、野菜を作るところがなくなってしまい、食糧危機に陥る話にも触れている。確かに。

本には気になっていたイーストのことや、シリコーンとか。天然酵母の話もあって、よくパンとかに書いてて気になっていたことなので、すごくためになりました。わからなかったことを知ることができました。

自分のアンテナを磨きましょうとのことにも触れており、大事なことだと再確認。

自分の感覚を判断材料として取り組む必要があり。感覚や経験の大切さ。他人にゆだねすぎない。データーに振り回されない。糖度をはかるものは塩でも高くなるそうだ。手で触り、目て見て、食べたときの感じをよく感じ取ること。素材を触って料理をする。見た目、灰汁、ゆでたときのゆで汁、野菜の色、包丁を入れたときの感触、小さな気づきの積み重ね。自分と家族をまもるために。

「石ころ」

みっつ出来上がっています。

シャンパントパーズは、トパーズをご注文のお客様のお話で、紐の色のことをおっしゃっているのに、私がトパーズの色と勘違いするということが最近ありまして、おはずかしい。その時に、ざぁぁと仕入れ先を見ていて、可愛い形を発見。

しかぁし、紐がブラウンが通らず。2点のみです。

水晶は、先日のグリーンカルサイトをつけてます。2つ分のグリーンカルサイトのブレスレットだったのだけど、残りの石が紐が通らないのがあったので、ブレスレットが1点となりました。紐が通らないのは、ペンダントトップとか作ろうかな。色が可愛いからさぁ。笑顔になれる石は貴重だ。この方が持っている力かもしれないけれど。

トレジャーメノウは、龍との関係もあるので、先日のアメジストの龍と同じものをつけてみました。もう少し大きなサイズが欲しかったけれど、なくて、先日と同じサイズです。迫力のある大きさが欲しいところです。

今日は、雨が降るという予報なので、雨が降る前に発送へと行きたいと思います。今からバタバタ梱包です。すごい風が強いのだ。飛ばされないよう、あと日傘は無理なので、しっかり日焼け止めもだな。

あ、到着のvoiceは、中国かな?変な日本語の怪しいサイトへリンクとか書かれる事があって、ブランド物へのリンクです。私が記事を確認してから、掲載許可にしております。怪しいのを削除していくために。すぐに掲載されないのです。私が確認したときだけです。土日が遅くなることが多いです。

メールでもご報告、手紙でのご報告、最近びっくりは、動画でのご報告もあっていっぱい身に着けてくださって、ひとつずるの説明も、全然違う話も相当笑えました。進化してますなぁ。お礼はどこもしてないのです。見てます。voiceと一緒で、ひとつずつお返事ができず、無事に届いたのだなぁと安心しております^^ありがとうございます。

 

 

次のものたち

ブルーのカルサイトさん。

関連記事

  1. 遡ってます。

    メールは遡ってお返事していっております。埋もれてしまっているので、ひとつひと…

  2. 少し製作に入れそうかな。

    目が疲れていて、目いぼが出来ているような気配を感じる今日この頃。土曜あたりだ…

  3. 朝からずっと、印刷しては梱包中でね。

    今日一日、こんな具合で印刷しては梱包を繰り返していると思う。発送は夕方にまと…

  4. どかっと。

    VOICEに書き込みができない方が数名いらっしゃいますが、原因がわからないの…

  5. みずいろ。

    二度寝で15分後に起きて慌てる。布団を上げ、バタバタ着替え、顔を洗い歯磨きし…

  6. はやかねぇ。

    早いもので9月も終わってしまって、あぁぁたもう、10・・11・・12・・あぁ…

  7. フローライトのペンデュラムたち。

    どんな模様や色がくるかわからず、おまかせで、到着が楽しみだったもの。黒っぽい…

  8. むむむ。しとこ。しとこ。

    PCで何かの接続が外れる時にする効果音があるんだけど、外部から接続したもので…

PAGE TOP