エピドートが入っている水晶とか。

撮影をしなおしてみました他の石達。一枚目の写真は『エピドートinクォーツ』エピドートは過去からの解放を暗示するとされる石。今までの固定観念から抜け出し、新鮮で生き生きといた発送を生み出すよう導く力があると言われております。自由で発展的な考え方ができるようになり、現実の一日一日が一番大切であるということに気付かせてくれます。

二枚目は、加工しているので暗い色ですけれどゴールドルチルクォーツです。右はブラウンがかったもので織物みたいに織られているようなグリッド線みたいな、そんな重なったルチルです。

三枚目は、リビアングラス。ツタンカーメン王の墓からは、リビアングラスを使ったスカラベの胸飾りがありますね。スカラベって「フンコロガシ」ね。再生や復活の象徴である聖なる甲虫とされて飾りに使われたのですね。かわいいです。リビアングラスは再生を促す力もあり、やり直しや、再度挑戦するときにも、力を与えてくれると思います。眠る潜在能力を呼び起こし開花。幸運を呼ぶお守りとして、利用されているものです。

四枚目は、ペルー産の水晶のクラスター。ミニサイズ。このサイズの色んな地域がないかなぁとボチボチ探してまいります。まずはペルー産をゲットです。ラストの写真はモルダバイト君。

あと3点。撮影をしましたら、またご紹介いたします。次回の石達です。まだ取り掛かれません。今日の発送はお天気がよくなってからの予定です。雨ですと防寒具を着てレインコートを着て・・と、すごい恰好でしてまた郵便局の外でレインコートを脱いで・・と着替えるわけでして、着替える間は濡れているじゃん・・って、意味ないんじゃん・・とか、ブツブツ言いながら。ふ。今日も頑張ってまいります。

関連記事

return top