カコクセナイトのお山。

見た時に、「デンデンデンデンデンデンデンデン・・・」ムソルグスキーのはげ山の一夜のメロディが流れてきて仕入れてしまった石。『聖ヨハネ祭前夜、禿山に地霊である死神が現れて、手下の魔物や幽霊、精霊達と大騒ぎするが、夜明けとともに消え去っていく』という、ゲゲゲの鬼太郎の歌の場面ででてきた妖怪の世界の運動会みたいな楽しそうな宴なんだろうと思いたいんだけれど、音楽的にはどうゆう大騒ぎしたんだろうと思う。

または、迷い込んだ人が、見たことのない姿の者達が大勢い騒いでいることに、恐怖を感じた曲かな?とか。1夜限りの出来事で、最後は夜明けがきれいよぉって曲です。フルートの音色がいいですよぉ。変わらない朝がやってくっる。必ず夜があける。

ってことで、持ち主の試練や苦労という努力に、美しい夜明けへとつながりますように。カコクセナイトは、霊的なエネルギーが強い石。司教の石アメジストの中入ってます。アメジストは優しい慈悲の心をもちたいときに。迷いがある人に。

もう少し編み編み中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

return top