ピーク中かな。

避難勧告が福岡で一番に出まして、昨日のお昼だったかな。雨もショボショボで、傘をさすこともないまま、避難所へいけるほど。風もない。台風は遥か遠くにおられる。

避難準備の知らせが先なら、準備ができるけど、いきなり勧告なので、焦りますね。とりあえずは、お風呂に入って、浴槽にお水をためているあいだに、ご飯を炊く。避難するなら、夜ご飯、朝ご飯、お昼ご飯、夜ご飯までかな。

あとは状況によって長引くなら、台風空けは晴れるので、食べ物を取りに行ける。

その日の夜の分だけ、おにぎりがあれば、あとは日持ちする食べ物と、リンゴ、焼いたサツマイモも少々、お菓子、お饅頭、お茶、ポカリスエット、魔法瓶にコーヒーと、お湯だけお魔法瓶。お水は歯磨き用にひとつあればいいかな。

浴槽に水をためている間に、虫よけスプレー、消毒関係、ビニール袋、扇風機やうちわ、タオル、保冷剤、薬、寝袋、歯磨き、厚手の手袋と新聞(ガラスが割れたとき用)、アイマスクに、耳栓、充電なども含めて、いろいろ確認しながら、荷物をつめていく。

荷物をつくり、すごいギリギリまで悩んだのですが、コロナ感染を考えると、台風かコロナか。どっちを取るのか、自己責任。

避難勧告が出てすぐ、父から電話があって、早いなぁあと。いろいろ話しながら、二階の屋根が吹き飛ぶなら、雨が入ってきて雨漏りするくらいだ、横の風には強いからと、風向きとかの話もあり、この家の構造とか、使っているものとか、耐久、説明をいろいろ受ける。

風向き次第ではあるが、そこにいる方が安全だと思うと言う。

数日、家に蜘蛛が入ってくる。巣まで作るが、昨日はさらに蜘蛛が増えたの。小さな蜘蛛ね。蜘蛛の糸を垂らして上ったり下りたい、おいおい遊ぶな!って感じです。

しかし、これが最終の決め手となりました。同じ蜘蛛(足が一つないのですぐわかる)二日連続で入ってきて、当日も窓のすぐそばの雨戸で待機している。巣をそこでつくる気配はなし、じっとしている。小さなハエトリグモさんが、二匹家にいたのだけど、さらに三匹増えてて、糸とたらして遊んでいるという。

父の話からの安心感と、蜘蛛が入ってくるほど、こっちが安全なんだという自分の勝手な思い込み(笑)

ここにいようと決めました。神棚にむかい、神様にもお伝えして、腹をくくる。万願寺とうがらしさんにも、一緒にいることを伝える。

その後は、先日の9号の方が強かったかなとか思ったら、違うね。夜遅くから風が強まり始め、今すごい風です。てか強い風の時間がとても長いです。9号のときは、短時間の強風だったということです。

宗像市は、昨日からあちこちで停電が起こってました。私の所は今のところは大丈夫です。すぐ近くでの停電が頻繁に起こってまして、ここも時間の問題かなと思ってても、今もここは大丈夫です。

今、庭で何かが転がっている、軽いものの音がして、雨戸を閉めているからわからないので、窓を開けようとしたら、窓が風圧で開かない。雨戸までたどり着けない。やめとけってことよ。

鉢とか土が入ったままで重たいので、外に置いたままにしているから、転がる音で、そっちの心配もあり、このロープで固定しなくても大丈夫だろうと、しなかったのね。やっぱり、こうゆうときは、している方が、余計な心配しなくてよいね。

プランターの野菜を切っただけで、野菜が風に耐えているだろうかとか、その心配はまったくなくて、ぐっすりと眠れました。気圧がの変化で、頭痛と、めまいと、とにかく眠たいという身体になっているので、すごい寝ている。今朝もまだその不調は続いている。

おなかはすくので、また横になったり、寝てしまう前に、朝ご飯を食べて腹ごしらえ。コーヒーを飲みながらの更新です。

避難所の人数とかネットで確認できるのですが、私がいくところは、体育館なんだけど、67人いらっしゃる。距離を保つのであれば、満員じゃないのかな?と思ったのね。それも判断基準になるので、良いですよね。

で、体育館は蒸し暑く、マスクをしたままなので、辛いみたいです。雨風が強くなれば窓も開けれませんしね。

エアコンのきいている教室を解放した市もあって、しかし、密状態であり、なおかつエアコンが効きすぎて寒いという。

半袖で避難してるだろうからね。震える人と、体育館は蒸し暑くて・・・と、どっちにしても、コロナの事もあり。

私は半袖と、厚手のパーカー(かぶれば首を守れるし、脱いで丸めれば枕代わりになるので)を持っていく予定で準備していたので、この選択はいつもありだなと勉強になりましたね。

蓄電の買った方がいいね。ピンキリなので、いろいろ迷ってしまってて、真剣に容量を確認して良いものを選ぼう。

キャンプの時の扇風機があり、それは大きめだけどバッグに入る大きさなので、そうゆうのも使えるし、冬は足元ヒーターを持っているのだけど、キャンプでコタツにして使っていたもの。それも使える。

避難しなければならない災害も経験すると思うし、家にいても窓が開けられない今回のような状況で、長期停電となり、熱中症の心配をしなくてよい方法を作らないと、猛暑酷暑が当たり前になってて、年々ひどくなっているので、長期に耐えられるものを・・・すごく考えましたね。

実家にいると、発電機があったので、長期になっても心配いらなくて。なんでも道具が揃っているしね。庭があるから、焚き物もできるし。その感覚のままが少しあったと思う。反省。

まだまだ、風はうなり声をあげながら過ぎ去っては、次の風がやってくる。時折、自然の力を見せつけるかのように、おのおのの窓や雨戸を強く叩きながら吹き荒れてます。

今日はほぼ休みのようなもので、過ごします。

気圧できついですから、横になったり、起きたりで、晴れ間が見えるまで続くと思うので、たまに起きたときにメールの返信などしてまいります。

とにもかくにも、私は無事です。

 

私の用事の場所は、少なかったね。

忘れている。

関連記事

  1. 門司へ。

    昨日アップ予定で、朝から写真撮影と加工していたら、海に行くぞ!おむすびをもっ…

  2. ルチルとシトリンとスモーキークォーツ。

    精神を安定させるスモーキークォーツと、家庭と財産を守るシトリン。緊張した人間…

  3. 難しいね。

    ポケットWiFiで、パソコンも繋いだり、タブレット二台とiPhone二台、プ…

  4. 良かったね。

    北海道の男の子。見つかって良かった。安心しました。しっかりした男の子で、本当…

  5. 晴れているような、また降るような。

    ちょっと前まで、まっすぐで立派なキュウリが採れていたのに、最近のは曲がって…

  6. ちゃくちゃくと。

    引越しの荷造りもありぃので、着々と移動のための準備が進んでます。決まったら即…

  7. 飾り物出来上がり。本日撮影開始です。

    サンタの周りにあるので、綿です。本物の綿です。この綿のみでリース作るとかわい…

  8. ルースの中には結晶が入ってますの。

    このルースシリーズは周囲を包みこむ編み方にしますと、一つずつの石の表情が端か…

akuaは石ころ屋さん

akuaは石ころ屋さん

「akua」とはハワイ語で神・霊的な意識・精霊など深い意味を持ちます。古代ハワイでは、石にも岩にも意識があり、心を通わせる事ができると信じられてきました。石に思いやりと敬意を持つことで、石との交流は深まります。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP