プラチナクォーツも変身。

プラチナクォーツと、ウッドビーズ。これだけでは渋くなりすぎたので、色を足してみる。青いのはトロールビーズ風です。3つです。あとネックレスを作ります。

飛べないキタテハ。昨日は雨がひどかったので、傘をさしていたら、寝る時には、その傘の骨にぶら下がって寝ておりました。今朝8時過ぎくらいにゆっくり起きてきて、下に降りて食事をされて、またお昼寝タイムに入られました。本日のお食事は梨とビワ。梨が固いのでミキサーにかけてビワと梨のジュース見たいになってしまったのですが、それでも、ゴクゴクと頂いておりました。先ほどみたら、半分に割ったビワの方でお昼寝タイムに入られてました。

写真は昨日の物。羽の片方が半分ないのがわかりますか?食事を終えるとこうやって葉っぱの上で羽を閉じて、じぃぃっとしてます。お昼寝していると勝手に思ってます。起きられると羽をめいいっぱいひろげられます。人間でいうところの背伸びしていると、また勝手に思ってます。えっちらおっちら歩きながら、そばにある餌のところへ。羽をパタパタさせて喜んで食べられてます。食べ終えると、また葉っぱに上がりお昼寝タイム。

これが、いいことなのか、どうなのか。難しいところですが、調べてみますとキタテハには夏型と秋型がおり、「羽化後の夏型の寿命は短く、10日から長くても3週間程度。秋型の寿命は長く、越冬後7月上旬頃まで生き残るものも多いので、この時期には夏型と秋型が混在する」とのこと。秋型なのか???

食植性/花蜜樹液腐果。夏型は訪花性はやや弱いがシオン類、ウツギ、イボタノキ、クリ、イタドリなどで吸蜜し、主にクヌギ、コナラなどのナラ類、ヤナギ類などの樹液に集まる。秋型はタンポポ類、セイタカアワダチソウ、ソバ、キク類など多くの花で吸蜜するほか、カキやイチジクなどの腐果などにも集まる。 (参考サイト:キタテハ

わがんねぇ。ビワと梨で我慢してくれ。そういえば我が家に来る蝶は、アゲハ蝶ばかりです。アゲハ蝶が好む花がある。キタテハは珍しいから、我が家には食べ物はないのかも。友人か恋人候補が来てくれるといいなぁ。しかしまぁ蝶に色々教わっている感じです。何事も経験は大事あるね。

さて、今日から連休に入ります。ご注文頂いている商品とお直し分は、発送ができるものは本日発送をいたします。本日は夕方から出かけるのでそれまでに出来ることをしてしまいます。はい。ヘアピンパーツも発送完了の連絡が入りましたので、不在中に届きそうです。楽しみです

関連記事

Tag Cloud

return top