ラブラドライトと水晶。

昨日は午後から博多へ用事があって、午前中は忙しくなり更新できないまま、メールの返信もままならず夜に帰宅疲れ果てて早々に寝てしまいました。慣れないこともあって疲れたんだけど、その前に道を間違えるし・・予定の時刻より30分早めに行き、この辺だろうと思っていたもんだから、近場でカフェラテ飲んだら、沸騰しているだろ!!みたいに、あちぃぃのなんのって。それはどうでもいいが。

5~10分前に到着するようにと、お店を予定時刻の15分前に出まして、余裕かましていたら、思っていた場所にない。このあたりに間違いないんだけれども地図では裏になっている。裏に行ってもなにもない・・。ぐるぐる地図を見ては、場所を探しているものわからなくて、5分前で、とうとう近くのコンビニの店員さんに聞いたら、すごくマニュアル化されたような接客というのか、ロボット?って思うような決まった笑顔と立ち姿と話し方。前に手を重ねて立つスチュワーデスさん立ちって言っていいかな?

男子ね。大学生くらいかなぁ。かしこまりすぎた言葉と立ち姿。結局、彼は、その店を知らなかったんだけど、それなのに道案内をされてくる。いやいや裏にないって・・地図では裏になっているけれど、裏のビルはまったく違うって・・だから聞いているんだけど・・終始にこやかに、作られた笑顔と姿勢と話し言葉に、また疲れて。聞いた私が間違いだった。。ごめんごめん。他の人に聞いてきますね!でもいいし、ごめんなさい僕は知らないです・・が良かった。

彼はそのまま笑顔でおへそあたりに手を組んで、スチュワーデス立ちというのか、「ありがとうございました!」と深々と頭をさげて見送ってくださった。

ちなみに右手を左手で隠すように前に手を組む・・右手を隠す。攻撃しませんよ・・・って意味があります。彼は・・それ・・反対だから・・・。

私も接客業のお仕事をむかしむかししてましたが、基本の接客は習うんです。立ち振る舞いと声とか笑顔とか歩き方とか、商品の受け渡し方やら袋の持ち方とか、お金の受け渡しとかもろもろ。実践では、いろんなタイプのお客様がいて、その方のその時に応じて対応していくんですね。言われたとおりにできないことも多いのです。言葉も表情も振る舞いも変えていく。しかし基本は身についてますから、それに自分と言う個性が入り、柔軟に対応をしていく。日々勉強でしたね。いろんなタイプの方がいるんですものね。

しかし、昨日の不気味さを感じたもの。今はこんな感じなのだろうか?以前デザイナーの時に派遣のお仕事にいっていたら、業務をすべてマニュアル化ですすめようとしているところがあったのね。そのすごく分厚い資料制作みたいなものもしていたんですけれど、内容が事細かくて、こう言われたらこう言うみたいな、不思議で聞いたんだけど、今は聞いてませんとか、知りませんとか多いから、だからしません!みたいな。マニュアルに書いているだろ!にするそうだ。

人と人との取り扱い説明書みたいな・・また商品にあれこれ書いている注意書きも、今の世の中、想像する力がなくなったってことなんだろうね。怖いことですね。ぞっとしました。

まぁ、話は戻るけれど、色々疲れた昨日でした。

帰宅して、気分転換しよ・・と開けてはいけない袋を開ける。あぁ美しい。まだあるけれど、今朝のお天気が悪すぎて写真がおかしかった・・よって2点。よござんしょ。ラブラドライトと、水晶の中に水晶が・・あぁ・・・。幸せ。

さて、がんばろ。

関連記事

return top