リングやピアスなど。そして空間。話は飛ぶ。

シトリンのリングは9号と10号かな。ピアスはタイガーズアイ。ペンダントトップはヒマラヤ産の水晶のポイント。赤いのはロードライトガーネットの小さいの。で、先日の紐が通らなかったペリドットには、フローライトをくっつけてぶらんぶらんとペンダントトップに。

明日は鍼治療へ。血液検査は自信を持っていい!と言われたほどの健康体。ばっちりOK。ただ手は職業病みたいな、長時間、首も下を向いたままなので、首からきている手の症状。鍼治療がちょうどよかった感じで、先週も行ったけれど、この先生と話は、あぁた何か見えているの?って思うような展開になるのね。おもしろい。いろんな話に飛ぶからさ、共通の物が多くて、楽しいのね。旅行の話をしていたときには、与えるばかりで疲れ果てた事があったという先生。毎日毎日、さまざまな要望にこたえる為に、頑張りすぎて疲れ果ててしまったという。どこまで与え続けたらいいのかという、どこまでしたらいいのだろうか、わからなくなり。心身ともに疲れ果ててしまった状態ですね。泣き続けたという。

いろんな人がおりますからね。いろんな反応とか要求がありますし。そのご苦労が伝わってきてね。本当に辛かっただろうなぁと思うと私が苦しくて。思いだすこともあって。それからは仕事量を減らして、5日間くらいお休みを取って旅行へ行っている先生。一人旅です。北海道へ行ってみたり、奥の細道の旅をしてみたり。その時は電話を切るし、メールもしない。見ない。そこから離れて旅行をする。その映像も伝わるから、先生とはすごく話があう。逆もあって私の映像も伝わる。わかるわかる!みたいな、おかしな繋がりがある。

便利だと思われている機械から離れ、自分の身体が持っているものをふるに使う。目で見て触れて香り、風を肌に感じ、色、味、気温、いろいろ。身体の機能を十分に使い心身で感じる。感性が研ぎ澄まされるよね。自分をしっかり見つめる事ができる。思い出がしっかりと胸に刻まれる。映像と香りと音とすべてが自分の中に残る。いつでも自分の中の引き出しから取り出せる宝物。

空間の大切さに気付いたんだとおっしゃっていた。足りないから足すんじゃない、それぞれが持っているものの中を見て足りないから足すんじゃなくて、空いている空間の部分に情報を与えることで、機能していなかった部分が動き出す。空間の部分には一日の中で、静かな自分一人の無の時間もありぃの、月単位なら外出も、年単位なら旅行もあるわけです。そこで大事な事に気付く。空間の大切さ。

そうだよね。繋がるよね、新しいアンテナに。もの作りも何にもない「間」から生まれている。何かと何かの間の、何にもない「間」から浮かぶアイディア。そのためには、出かけることで見えるさまざま情報が、アイディアの素材になる。たくさんの引き出しがあればあるほど、アイディア、ひらめきが多くなる。その引き出しから伝えてくださるから、たくさんの引き出しを作っている方がもっともっと、伝わりやすい。

自分に無いものを他人に見て無い物ねだりするよりも、見比べて、自分が持っているものだけで小さな判断せず、空間を利用する。もっと新しいことに目を向けていくと別のことへと繋がる。向上心を持って進む時、新しい可能性に繋がる。頑張っていると繋げていただける。そして自分の努力であらたに展開していく。駄目だったという結果もある。それも必要な経験と感動。それは無駄ではないことは後からわかる。

何事も積み重ね。その後が違ってくるよね。先が変わるからね。すべては自分の中にある。

明日は何の話だろう。楽しみに、今日も笑顔でがんばりまっしょっぃ。

関連記事

Tag Cloud

return top