定位置がなかった。

オーダーの目標などメールをお願いしており、届いた方お一人ずつ内容を確認し必要であればまとめたりしつつ返信のメールをしてます。そのうちのお一人、メールがエラーでも戻ってきてしまう方がおります。本日もう一度メールを送りましてエラーで戻ってきてしまう場合には、ヤフーのアドレスからメールをさせていただきます。

アニマル君たち。次の作品に出てくるもので、いまかいまかと出番待ちです。私好みを作っていく予定です。しかしながら取りかかりは、まだまですね。

 

039ここ最近、溢れている物をどうかしたいと思い、収納がうまくいかないくらい。こりゃぁいかんなぁと思いながら腰が重い自分。なんとくした片付けに、落ち着かない、納得できない自分。収納のグッズが欲しいような、いらないような、物を増やしたくないから収納グッズを使った整理の仕方の本ではない、片付けの本を購入。タブレットになってから、本が読みやすくなって、また動画が見やすくなって、本屋さんに無い本を読んでいたなんだけど、せっかく片付けをしようとしているんだから、増える本棚の本の事を考えたら、電子書籍に変えてしまおうと思い、その本から電子書籍で購入。

お値段的にも半額位ですからね。イイことづくめ。出来たら図書館で借りる方が一番ベストなのでしょうが。

 

寝る前に読み始めていると、うずうずしてくる、一刻も早く片付けを始めたいところ。まずは捨てる作業からで、随分捨てたはずだけど、落ち着かないってことは、また増えているんだろうし、必要のない物がまだあったんだと思えます。服ならごっそりすべてを出してまとめて、アイテムごとにわけてから、ひとつずつ手に取って、ときめきを感じるのかどうか・・で、捨てて行く。同じように他のも物別にまとめ、ひとつずつ手にとって捨てて行く方法です。直観です。思考はいらない。

 

その本の中にもあったけれど、自分がいらないものを家族にあげるのはやめること。自分が捨てられない理由で安易にあげるのは考えもの。善意を装いながら自分が物を捨てる罪悪感を、ただ人に押し付けていただけなのです。

038と、なるほど。いるよね。やたら処分をし始めた時に持ってくる人。どっさりと服以外の道具も置いていく方。私の場合は買ったばかりで未使用のもの。試着したらニアワネェ・・って、だいたい通販で思いつきで買って失敗したもの。そうゆうのを、いる?って聞いて確認してから買ってすぐに渡してました。そうゆうミスをしないようにすることが大事で、自分以外の人にも余計なものを増やしてしまわせないようにする思いやる心も大事ね。

 

あと、自分が捨てるものを家族にみられないように・・と。とくに母親、もったいない・・の罪悪感が出て、あれこれそこから持っていく。とくにうちの母親がそうだけど、私が捨てようとしたものに「ちょっと待った!」をかける。そうやって捨てようとしたのに倉庫行き・・やら、あかずの扉の押し入れの収納行き・・に、結局は捨てるものを移動しただけで、なんら「捨てる」が解決されないままになる。

母はとにかくもらってくることが多い。すぐもらう。同じように、場所をとるし、いらないからと捨てたものを、他の兄弟がみたときに、壊れて無くなって捨てたと思われたのか、善意から自分が使っていて必要がなくなったからと、また同じような物が家に届く。またその場所に邪魔なのに存在していく。物って念が残るのね。持ち主の念です。その人の運気がやってくるようなもんでしてね。

自分が使っていた石を販売している人を見ると、ぞっとするんですけれど、同じなんすよ。本も物も。

私の場合は、失礼なほどに、いらないものはいらないと言ってしまう。あの言い方はいけなかったなぁ、じゃぁどうゆう言い方をしたらよいのだろうかと、あとから考えてしまうほどに、はっきりと言ってしまう。それはそれで反省です。

 

067いろいろ思い出しながら、本を読む。とにかく私の部屋の物の理想は、机とパソコンと本棚とベッドと少々の服。それだけでいい。4畳半の小さな木造のアパート。押し入れも小さくて(半分のサイズ)そうゆう家の中に、ぎゅーぎゅーじゃなくて、すっきりとして風通しも良い隙間があるような、余裕がある荷物で生活ができるくらいが、自分に本当に必要なものだろうと思っている。

必要のない物を捨てたら、あとは、残された必要な物を、それぞれの定位置を決める。同じカテゴリーは一か所に収納し、あっちこっちに分散させない。決まった場所。使ったら決まった場所に戻すだけ。ただそれだけ。

私の場合、分散されていた。とりあえずここに置いておこう・・が・・反省。

仕切りや収納用品を新たに買いたす必要はない。家にあるものを利用していく。一番便利なのは靴の空き箱だそう。大きさ、素材、丈夫さ、手軽さ、等々。結局は手頃なサイズの四角い箱状のものであればよくて、それで収納を終えてあまったのは捨てる。必要ななし。

まだ読みかけの本ですが、読み終えたら、スケジュールをたて一気に捨てる!そして残った自分にとって必要な物の定位置を決める!やってみよう。

 

本日の発送は、雨がやんでから。夕方の予定です。

しばらく、だんまりかもです。

懐かしい箱の中身。

関連記事

  1. 梅雨明けかな?

    梅雨明けしたかな?福岡はまだかいな?一番遅いのかな?我が家のトマトがようやく…

  2. 400円って。

    相変わらずに二週間に一度のまとめ買い。お肉がなくなったしぃ・・って、鶏、豚、…

  3. 次回は。

    今あるお直し分と、ご注文の品の制作を終えてから、次の作品作り。プチオーダーと…

  4. 一気に。

    保存がきくのと便利で、何より旨味がぎゅっとつまって美味しいので、乾物が増え始…

  5. ぴんく系。

    金土日と忙しくなって、あんまり進んでいないのですが、どうにか、制作が落ち着き…

  6. 寒かろう。

    タイガーズアイでできている犬。土佐犬みたいな、マスティフみたいな・・。。(*…

  7. 日本の石、チューライトさん。

    糸魚川のチューライトさんねぃ。ほんのりピンク色。いいねぇ。日本の石。深さがあ…

  8. 初雪かな。

    ここ、外の気温が2度やし。朝から呼ばれて寒い中並んで、耳あてあったから良かっ…

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

akuaは石ころ屋さん

akuaは石ころ屋さん

「akua」とはハワイ語で神・霊的な意識・精霊など深い意味を持ちます。古代ハワイでは、石にも岩にも意識があり、心を通わせる事ができると信じられてきました。石に思いやりと敬意を持つことで、石との交流は深まります。

PAGE TOP