春色待ち。

朝からせっせと、出汁をとったあとの鰹節とかイリコとか、冷凍庫に保管していて、ある程度、たまってきたのでふりかけ作り。とっている昆布も、そろそろ佃煮作るかのぉ。そしてお気に入りの野菜屋さんで買ってきた野菜を小分けしたり、軽くゆがいておいたりで保存用作り中

昨夜はミートソースパスタで、赤ワインを使わない方法のミートソースを作ったら、エノキは入れてないけど、うまうま(o´艸`)美味しかったので、材料もちょうど半分残っているので、今日作って、作り置きで保存しとこうと思う。レシピはレンジなんだけど我が家にはレンジはないのでフライパンで作りました。レンジは簡単そうよ。ポットもない、炊飯ジャーもない。今のところ必要が無いので、買う気もなく・・いたって、シンプルなキッチンです。

調味料は一升瓶とかあるんで、そうゆうのが、どかんとキッチンにあるかなぁ・・。パッと見は酒を大量に置いている女みたい。酒は料理酒じゃなくて普通のお酒、あと濃口醤油、薄口醤油、みりん、扉の中にはおさまらないので、そのままどかんと外に出している。

燃えるゴミでさせるもの以外は、卵のパックもプラスティックなんだけどさ、空き缶、瓶とか、プラスティック、トレイ、ペットボトル等々、月イチのごみ捨てにしか出せないのね。先日空いた醤油の一升瓶。さすがに昼にそれを持って出るのも、夜にそれだけ持ってでるのも、なんだか、酒飲みが一升瓶抱えてフラフラ飲みながら、歩いているみたいな気になって。

でも、捨て場所の確認もあるので明るいうちに行かないと見えないから、大きなバックの中に、一升瓶を隠すように入れて。あたかもお買い物へと行くかのごとく(笑)(๑´ㅂ`๑)いつもは、そんなに人の気配がない場所なのに、その日に限って人がいる・・・・2人も・・・。別に悪いことしているわけではないのに、動揺して挨拶忘れてしまうし。

その2人が歩くの遅いし、そうとう遅いの。追い越さないいけない。あなたの1歩で私は3歩進んでいるのではないかと。最初は歩幅を合わせてみたけど、私からするとスローモーションの世界。さっさと追い抜いて、ゴミ捨て場へ。隠した意味なし。ゴミ捨て場に入り、さてと、この方はどこに置くのかなぁと一升瓶を取り出す瞬間、私の後ろにいたからね。おい!オマイ!急に早足になったのか!!ヾ(・ε・。)ォィォィ

最初から堂々といけってね。ふ。誰にどう思われようが、どう見られようが、どうでもいいことなのにね。思ったほど見てないしね。アホだね。1人でアホな時間を過ごす。それにしても、1ヶ月に1度のゴミ出し。どうにかならんかのぉ。

さてさて、石たちは春色待ち。注文はしているんだけど、いつもは早くに連絡をくださるんだけど、おかしいなぁと覗いたらサイトのエラーでログインができないみたいでね。けっこう長いこと続いている。ほかのサイトは大丈夫なので、仕入れの部門だけね・・メールも届くのかどうか・・・のエラーだと思うわれるので、気長に待ちますかのぉ。

かなりあるので、今週末に制作できたらいいなと。思ってます。置き石も少々かな。到着まで気長に待つかのぉ。本日の発送は、昼過ぎを予定しております。

 

モスコバイト★56mm手編みのポーチ付き

海はいいねぃ。

関連記事

  1. ツリーで出来上がり。

    天然のツリーの木に、ブルーのガラスと一番上だけスワロフスキーのドロップ型にし…

  2. あと少々のみ。

    昨日は梱包が多くあり、その作業であっといまに夕方に。晴れ間が見えた時にバイク…

  3. 妖精・精霊の隠れ家。

    『妖精・精霊の隠れ家』そんな素敵な名前がついてましたエンジェルラダーさん。個…

  4. レコードキーパー・ホワイトファントム、レムリアン…

    初ものですね。光の加減で浮き出てくるので、手に取って見ていろんな角度、光の当…

  5. やっとフェナカイト。

    もうずいぶん前になるけれど仕入れたことがある石フェナカイト(フェナサイト)そ…

  6. あとのは。

    写真は先日キャンプで佐賀県の波戸岬へ行った時のもの。海いいねぇ。また今月に行…

  7. じんわりとup開始。

    女子サッカーの決勝が始まったみたいですね。って見ないのね。サッカーは興奮して…

  8. とりあえずはUPできたかなぁ。

    レモンクォーツは、ポーチを編んでからの出品ですの次の分で登場かなぁ。とりあえ…

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

akuaは石ころ屋さん

akuaは石ころ屋さん

「akua」とはハワイ語で神・霊的な意識・精霊など深い意味を持ちます。古代ハワイでは、石にも岩にも意識があり、心を通わせる事ができると信じられてきました。石に思いやりと敬意を持つことで、石との交流は深まります。

PAGE TOP