月曜の夜。

土、日、月と、なんだか落ち着かず、あれこれそれ、あっちこっちそっちと、行くところと、やることがいっぱいで、記憶が朧気。気がつけば、あっという間に月曜の夜だったみたいな、ゆっくり出来る時が、月曜の夜だった。きつすぎて、寝れないの。ものすごく眠たいのに、きつすぎて寝れない。やっと寝れたのは月曜の夜だった。何だったんでしょう。

世の中騒がしすぎて、多いね。増える一方なんで、次から次なんで、心のあり方を間違うと、流されいく。どんどん勝ち負けみたいな世界で、強いものだけが残っていくみたいな、追い詰められていく。先日、テレビで深海の魚達の映像を見ていたら、生きるために共食いするんだよね。びっくりした。食べ物がないから、生きるのが必死。闇に生きる世界は怖いと思ったね。闇に生きるってこうなるんだなと。光の方へ進化していかないと、いつまでも闇にいたら、こうなるんだなぁと思った。

全体が、マニュアル化みたいな、それからあぶれると、ダメみたいな、失敗は許されないみたいな、無難に無難に人目を気にしながら生きていくみたいな。横並びで落ちたものは残酷なまでに追い詰めて、前に話したけど、ホームレスの方を夜な夜な蹴りに行くサラリーマンとかね。ストレス解消、見下し、バカにする。弱いものには残酷なんです。今度は出た杭はこことぞばかりに叩いていき。妬み嫉み嫉妬ですよね?そうやって自分たちで生きづらくしていっている。生きる場所を狭めてる。

切り捨てていくみたいな、おそろしい。言葉選びが恐ろしい。言霊はエネルギがある。残酷。仕事でも掃除をしている人とか、警備の人とかに、すごい態度取られる人もいるそうだ。。その仕事をしたことで、人というもの人格がよくわかるようになったと。見た目が立派でも中身が立派ではない人。分け隔てなく言葉を交わし、職は違えど一緒に働くものとして、感謝の気持ちを伝えてきてくれたり、明るく話しかけてくださる方もいる。

 

自分が波長を落とさないよう、たましいの向上につとめていかないと、あっというまに闇の中だ。自分の波長がどんどん社会と自然界にあらわれてくる。身から出た錆。避けられないことがどんどん増えていく。

 

戦争が始まらないことを祈る。願う。世界のどこかであっただけで、日本が関係ないってことはないのね。食べることに困ってくる。輸入にたよりすぎている。

そうそう、鰹節が一袋しかなかったの。だからって私は、あわてて買うものでもないし、何かの買い物のついでに、思い出したら買えば良い、または、食べたいなぁと思ったときでよいという考えね。それが嫌なんだという。常にストックがある状態が良いという。

え?って。あるのが当たり前じゃない。たかが鰹節かもしれない。ピンキリあって、私が食べるのは安いもんだけど、あるときに、ありがたくいただいて欲しい。いつもあれば、当たり前でありがたみがない。感謝の気持ちはそこにはない。そうではないけない。あるときに、それを大切にありがたいなぁ、おいしいなぁって食べることが大事だと思う。と伝えた。

その一袋に手をつけずに取っていらっしゃるw。まぁ、買い物行って思い出したら、買おうかな。

ものがあって、そこに人が居て、当たり前の感覚はよろしくないね。いつ何があるかわからない。

人様のことを、あぁだこうだ言っている場合では無くて、そのような方は暇何だろうけど。ひとつひとつ大切に、思いを込めて、ひとつずつ手を抜かないことをしていると、言っている暇も、検索しまくっている暇も、人のコメント読みまくっている、それに対してにコメント書き込んだりとか、感情をむき出してるとか、そんな暇はない。人の命の時間は、限られてるんで、1日24時間をなんに使おうって、闇時間に使わないようにしないとね。

お茶碗洗う、拭くだけでも、思いを込めてる。洗濯物をたたむでも、そこにエネルギーが付着する。部屋の掃除も手を使っていくことで、エネルギーが高まっていく。手間を省くことが増えている。ポイ捨てが増えている。使い捨てが増えている。食材も平気ですてる、これは命を捨てている。命を粗末にしているから人の命も平気になる。心は失われていくばかりだ。ひとつひとつ丁寧に祈りをこめて。あとにそれがわかってくる。

写真のは、たまたまアメジストエレスチャルが次ので届いていて、ご希望でメダイとアメジストというのがあったので、注文したもの。ただね、アメジストエレスチャルが善いものなので、高いんだけど・・・メダイは高く無いけど、さてどう作ろう。

マリア様にしてます。慈悲の心を。

秋田のマリア像の言葉とか、ふと思い出して。心改めていけるように。

製作はまだです。今はご注文の品の製作に専念です。

 

関連記事

return top