次の石。

日曜に植えた種が、もう芽が出てきている。早いね。収穫時期をずらすために、時間差で植えるので、早く芽が出てきてくれるのは、とてもありがたい。降っていた雨に水やりを任せ、今日はお天気になるようで、あとはお天道様におまかせいたします。

そこら辺でどこでも買えるようなF1種子ではなく、日本の種であり、固定種で、自家採取の純粋なものでレタスを二つと、秋に植えて春の収穫になる食べたことのない伝統野菜も注文中。

秋蒔きの種を、夜な夜な寝る寸前で見ていっているけれど、途中で寝ていて、夢の中では買ったつもりでいたり、どこのサイトだったっけ?とか、空いている鉢にどれとどれだっけ?とか、寝ながらするもんじゃないね。起きたら楽しい計画は、忘れてます。

とりあえずは、土を多めに買っておこう。

「アルコール依存症」

家族がいるほうがいいね。ちゃんと治療したほうがいい。せっかくやめていても、たった一口のつもりが、もうとまらない、やめられない、記憶が無くなるまで飲んで、起きてまた飲んだり、起きてそのまま出かけたり、気が大きくなって自信満々で運転する。

私の父も私をバイクにのせて、飲酒運転。当時はヘルメットかぶらなくてよかったんじゃないかな?幼稚園だったね。事故って私が死んだと思ったそうだ。膝を擦りむいただけ、飛んで空中で一回転して着地成功したの。すごくデカくて、太っている女の子だったから、道路に正座した着地。

すくっと立ち上がり、足についた砂をはたいて、父を探しに、倒れたバイクの先を歩き、道路には見えないので左の山沿いを見ていく。山に埋もれている父に手を伸ばし助けたの。驚いてたよ。死んだと思った娘が父を引っ張り上げようとしているから。右手を差し出したら、向こうも手を出して、幼稚園生で引っ張ってあげたしね。

その後よ、これもアルコール依存症の怖さだね。病院へ行く途中での事故だったんだけど、病院へ行く前に、自販機でワンカップを改めて買って、震えながら一気飲みしたからね。

私たちがのどが渇いたとか、気持ちを落ち着かせようとして飲むってものは、ジュースとかお茶とかコーヒーとかの感覚じゃん、依存症の方は、酒なんだと思う。水やジュース感覚。だから病気なのよ。怖い病気なの。そして、麻薬と違って、簡単にどこでも買えてしまうもの。

子供の時、酒を買って来いと怒鳴り声をあげる父に、酒屋が閉まっているからと、何度も怒鳴られながらも、言い聞かせていた母がいたけど、寝付くまで待つのみ。茶碗とか当たり前に投げるから割れる。身体が飲んで熱いから、床とか壁とか蹴ったり殴り続けるのよ。

恐怖。だんだんと、そのまま寝ていく。その間声を出したりせず、声をおし殺して、静まり返る。トイレとかも行けないの。物音で起こしたりすると、怒鳴りがはじまるから。

やっと私たちが寝れるようになるのは、夜中です。朝は酒が抜けて、おとなしいいつもの父です。別人です。飲んだ時の記憶なし。毎晩続く恐怖。

コンビニができたときは、私はコンビニを恨んだね。24時間買えるなんて・・・って。その家族からすると、とんでもないことなんです。酒だけは置かないでほしいと思った。今でも思う。同じような家族がいれば、辛いこと。

しっかり、治療して、いっさい飲まない、また周囲もすすめない。が大事です。

いるのよ、いっぱいぐらいよかろうが!とか、お父さんがかわいそうだろ?とかで、飲ませる人。悪魔だね。大っ嫌いだった。他人は、その後の私たちの家で起こる出来事は知らないから、その時飲んで楽しければそれでいいという。なんとなくおかしいとわかったら、その後寄り付かないし。とても無責任なんです。

地獄の始まりなど、家族しかわからない。本人はとまらない、やめれない、身体がボロボロになって働けなくなっても一日中飲んで、酔っ払って寝てしまうまで止められない。仕事にもいかなくなる。

おじいちゃんが、お孫さんをさしてしまったのも、アルコール依存症じゃないのかな?と思ってしまったんだよね。

私の父が、お前は誰や!って、ランドセル背負って帰ってきた私に、瞬きをしない座った目で見ながら、立ち上がり、壁にぶつかりながら歩いてきて、私に言っていたから。名前を名乗っても、上から下までがん飛ばされるのよ。沈黙のまま恐ろしい顔と目で、ずっと見られる。蛇に睨まれた蛙だよね。硬直。何が起こるのかわからない恐怖の時間。

歩きながら、壁にぶつかる音が激しくて怖すぎる。その都度壁や物を殴ったり、邪魔だと物を投げたりするし、妹を抱え上げて投げようとしたり、172センチのガタイがいい父で、子供には父そのものすべてが怖いの。目も、言葉も、行動も。

飯作れ、酒、だれや、おまえは。震えながら立ち尽くすのみ。生意気な言葉や態度は、恐怖の出来事へとつながっていく、おとなしく言うことを聞くしかない。上手につきあわないといけない。これ以上怒らせないために、黙ったり、危険な時には、外へ家族で逃げ出したり。みんなが居たので、心強かった。

認知症でも、だれや?ってなるし、暴力的なときもあるし、祖父とお孫さんの間で、いろいろ重なってしまったのかなと思うと、切ないです。悪い人じゃないんだよ。

乗り越えた先は、アルコール依存症の恐怖なだけで、父はいい人なのよ。家族がいてよかったと思う。女の子ばっかりで良かったよねと思う。女4人姉妹で最後に弟なんで、逆だと父はとっくにこの世に居なかったと思う。

長くかかったけど、乗り越えて、あの時何もしなくてよかったと、今みんなが仲良く笑えるようになってよかったと思う。そして病気の怖さをつくづく思う。たった一口から始まる地獄の日々。

なかなかできない経験させてもらったと思う。だからこそ、心を寄せることができる。少々の事にも動じなくなる。

山口さんは、軽い事故で良かったと思う。しっかり治療して酒を断ってほしいと願う。

だめな人間なんて一人もいない。できること、できないことがあるだけだ。どんな過去があれ、今をどう生きようとしているのかが大事だと思う。失敗してもまた立ち上がって、次はこうしてみようと頑張っていくだけだ。少しずつ成長していく。

治療する必要があるものは、治療をしっかりすること。理解しようとすることが大事だと思う。支えが必要。

「石ころ」

岡山県の「北木石」薄っすらピンクわかるかな?鉄分による色の変化風化なのだそうです。これから変わっていきピンクが赤になっていくのかな??

この石を使って作られたものが、凄いものがおおくてね。靖国神社の大鳥居、大阪城の石垣、天皇陵での鳥居、日本銀行本館、皇族や貴族の邸宅。

国民的英雄の東郷平八郎、歴代総理の池田勇人、吉田茂、作家の夏目漱石や、江戸川乱歩、川端康成の墓地、吉相、墓相に好んで使用されているという。

今でもいろんなところで、結構有名なところで使われている石です。黒雲母花崗岩、グラナイトのひとつ。

大事な場面、歴史に残るようなものに使われる石。

靖国神社の鳥居に使われているので、これだ!って決めたんだなぁ。平和ボケしないよう、たくさんの戦友の方々のおかげで今がある。日本がある。忘れないよう、そして二度と戦争を繰り返さないよう、言葉や心に気を付けていけるようにと願って。

ご注文の方の制作が今日終わるので、すぐに取り掛かれたらいいな。アメジストは小さな香水ボトル。可愛いでしょう?このままUPです。

 

 

 

秋ですなぁ。

まとめようかな。

関連記事

  1. 虹と龍。

    昨日に避難勧告も解除され、昼頃にはやんで、少しばかり太陽が顔を出す時間もあ…

  2. 再入荷★バリサイト・ショーリュトルマリン

    バリサイトとショールトルマリンの入荷。昨日届いてましたが開ける気力もなく夜帰…

  3. 砂漠のアゲート。

    居たり居なかったりの日々。ご連絡が夜遅くになったりしてます。初盆でもあるけれ…

  4. 大分に行ってましたのよぉ。

    月に一度の息抜きの旅。心地よい疲れが気持ち良い。そういえば、また膝を怪我しま…

  5. 編み物の朝。

    ささぁと、ついでに編んでしまう。編み物すると止まらなくなるので、危険よね。首…

  6. ファイヤーアゲートくん。

    ここ最近は朝の冷え込みがあり、被災地の方は大丈夫だろうかと色々と頭をよぎる。…

  7. 祈ります。

    発送は、関西は送っております。荷物の受付はできるので、到着の遅れはあるのかも…

  8. 急ピッチ作業中。

    まだ日本のものとかもふくめて、もうちょい到着しますが、クラスターもレアものと…

PAGE TOP