気持ち悪いから見ない。

今月のGW開けに、山口へ行くときにつけていたシルバー925のネックレス。汗ばむ陽気で半日もつけていたら痒くなるほどの金属アレルギーなんで、汗をかかないよう拭きながら(そこまでしてつけるなってね)行ったわけです。その後、数日経ったとき、首が強烈に痒くて、痛みあり、てっきり、その金属アレルギーが結局は阻止できなかったんだろうなぁなどと思いながら、掻いちゃだめってわかってても寝ているときなんか、ゴリゴリやっていたわけで、とりあえずしばらく痒みがおさまるのがオロナイン軟膏。ぬりぬり。1時間くらいは痒みが止まる。ふと最近気付いたんです。強烈な痒み痛み具合は、金属アレルギーと違うよなと。

本人は首の後ろは見えないから(見ようともしない人なんで)なんとなく見ていただいたら「毒虫じゃない?山茶花のところに行かなかった?」と。そうそうそう、ドクダミの花と雪の下の花の撮影で、花壇に入りこみまして、ちょうど山椒の木と、山茶花の間をすり抜けて、いや、山茶花の真下で撮影開始!

山茶花と椿に今いる幼虫。毛虫。毒虫。実物も写真も見たくないほど、気持ち悪い。はい。同じ物が整列しているとか、同じ形が並んでいるとか、つまっているとか、ブツブツとか、イボイボとか、ゲジゲジとか、整列しているのが、まったく受け付けなくて。おとんもそうだけど、遺伝なのか?受け付けない。大暴れしたくなるほどNG。身震いするし、発狂するので気持ち悪いから見ない。5月6月、ね。はい。ウヨウヨ。ね。触らなくても付近で何かの拍子に毒針が舞う。ね。はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。ミミズ腫れというのでしょうか、親指1本分ほどの大きさで赤くはれ上がったまま。左右にあったのが、右は落ち着き始めまして、小さくなりましたが、左はまだしぶとく。たぶん、2週間くらいたってるんだよね。早く気付きなさいよってね。今日は皮膚科へと行ってきます。

みなさまも、お気を付けくだされ。山茶花と椿。今の時期ね。付近ですらNGです。あっちなみに母は大丈夫な人です。頑丈すぎる皮膚です。ムカデに刺されてもチクッとしたなぁぁ・・で、終わりの人ですから。私はムカデの時は、指1本をわずかにチクッとされただけで、激痛で腕1本が痺れて数日おかしくなったほどです。

 

写真の花?もちろんドクダミです。違う場所から摘んで飾りました。キュウイの木の下のドクダミちゃん。かわいいのよ花は。かわいくないのは、山茶花のところのゲジゲジです。ほんで石けんに使うのは、どちらのドクダミでもないです。裏庭のビニールハウスみたいにして黄砂などを避けるものがついたところからのものです。雪の下もそこの避けがついているところのものです。

関連記事

return top