海と笑い。

遊び疲れたのか、笑い疲れたのか。お天気も良くて、連休をのびのびと楽しく過ごすことができました。ありがとうございます。日曜と月曜は、海へ行き、人がとても少ないので、安心していられる場所。

もう少し先には「道の駅むなかた」があって、そこは渋滞ですし、お店も駐車場も人でいっぱいですし、その付近の海がまた綺麗なのですが、そこは行く人が多いのだ。

私が行ったところは、さつき松原で、穴場ですな。ガランとしている。お弁当をもって、景色を見ながら食べて潮風に当たって、どうでもいい話をしたり、愚痴を聞いたり、笑い話したりと。

のんびり過ごす、その時間。すごい贅沢で幸せな時間だなぁて思ってしまう。笑いがあり、美しい景色があり、自然の力があり。心身ともに元気になることができる。

姉が落ちてきて私が怪我をするとか、いろいろありましたが、久々に大笑いで、顔とおなかが筋肉痛になるほど、身体は切り傷と打撲と筋肉痛。全身で笑って動いて、内臓もだよね、呼吸困難になるような笑いなんで。大爆笑で疲れてました。

良き連休でした。土曜は仕事して、日曜が予定の10時より1時間も早くにやってきた姉と父と。それから夕方まで遊びまして、帰宅してときは、疲れ果てて早々に寝てしまう。

月曜は朝早くから準備して、弁当作りを手伝って(私はおむすびのみ)相棒と海へと向かう。どっちもお弁当を作ってもらったので、楽でしたし美味しかったし。その後に野菜とか日用品を買いにき、帰宅後は、前日の打撲の痛みとかあって、とげも刺さったままだろうという痛みもあるし、取ってないし。

発送の予定をやめて、ゆっくりと休みました。

「撃沈」

松原を降り海岸へ向かうとき、結構急な坂道ね。アスファルトではないです。人が通ることでできた溝のある道。その方が安心安全なのに、そこを通ってくるように姉にいったのだけど、わたしと同じコースにやってきて、砂で滑って、案の定バランスを崩してね。

姉は運動神経が鈍いのです。本人は人並みに、一生懸命にやってますが、幼稚園生にも負けると思います。病気のせいもありますけどね。

そのままの勢いで、わたしの名前を叫びながら前のめりで勢いのままかけ落ちてくる。私は、名前を呼ばれたから振り返ると、かなり後ろにいるはずが、もう右手真横にいるやんか!いや一歩先を行っている!で、そのまま行くと、後ろ向きに倒れて、丘のようになっているところから、下にドスンと落ちるわけですよ。結構な高さのところからですから危険です。

顔が笑っているから、てっきり冗談だと思ったら、もう落ちる寸前で、これは、まじやんけ!と、姉が落ちないよう手を引っ張ってこちらへ寄せたのです。姉は昔から、怒られていたり危機的状況で笑いが出る人なので、冗談でやっているのではなかったのです。

名前を呼ばれてから2、3秒の話なのに、すべてスローモーションで、数秒の間に私もいろいろ考えてるのは、不思議だよね。交通事故もそうだよね、瞬間ってスローモーションで、いろいろ考えるよね。こうしたら危ないから、こんな具合に倒れた方がいいなとか、グルグル回りながら、周囲を見ていたりして、こっちだと危ないなとか、頭を守っておかないととか、スカート大丈夫かな?とか、あの人たちは、びっくりして助ける気配無いなとか、目を見開いて口開けてみてんじゃねぇぇよとか、助けろよ!ろか、面白いもんです。

まぁいい、

引き寄せて、私も踏ん張れると思ったけど、溝になった道は、横に肩幅程度に足を並べるほどのスペースがあるわけじゃない。足がくっつくか、前後にずらさないといけない、狭いところで踏ん張れるわけはなかった。

スローモーションだから、踏ん張れると、そう思ったんだろうけど、実際は勢いのある人を引っ張り寄せたので、重心が一気に私に圧し掛かり、私が勢いのままが折れ込んで、松の木がぐさぐさと、顔も手も腕も刺さる始末。どおぉぉんと身体と頭を打ち付けることになる。

その時は現実に戻っているんだよね。引き寄せて落ちるときはスローモーションじゃない、現実の速さ。前方の海を見て歩いていたのに、その時見えた景色は空だった。空はとても青く美しかった。

姉は無事。ニコニコを笑いながら、砂場にゆっくりと座るように(これはスローで見ている)倒れて、楽しそう。私がクッションですし。あぁ姉が無事だったというのを確認したけど、その後が強烈な打ち付けで、バウンドしたしね。

すっごいおかしくて、笑いが止まらないし、父は後ろから一部始終を見ていて助けに来ないのね。おぉぃお前がそっちに行くからだろう?とか、さおりは、鼻を打ったんか?歯が折れたんか?とか、言っているだけで

私は笑いがとまらなくて、声にならない笑いで、笑いすぎて涙もとまらないし、口に手をやって、クネクネと、おなかを丸めて笑っている姿が、痛みで怪我を抑えてもがいている姿、鼻か口か歯か?って思えたのだろう。

後ろから言うばかりで、慌てる気配なし。見る気配もなし。

おい、助けろよ!って感じで、はまってて起き上がれなくなっていたのに、こいつら!って笑いが止まらんでね。

姉は父から、神風特攻隊と言われてました。

さつき松原沖海戦で、空母さおり号を太宰府特攻隊(姉は太宰府市ね)が、体当たり攻撃でさおりを撃沈しました!と。

どすーんて音は聞いているそうだ。ほんと、助けろよってね。

 

長々となりましたが、海での事件の後遺症で残りの休みはゆっくりとなったわけです。今年は健康運×だしね。ふふ。楽しかったので良しです。

発送は本日まとめてとなりますペコリ(o_ _)o))掃除洗濯と家のことしながら、黙々と梱包開始です。そのまま発送へと行きたいので、先に連休中にご注文をいただいた方へとメールを朝から送らせていただきました。朝からすみません。

 

 

クリソコラのキーリング

秋ですなぁ。

関連記事

  1. ガーネットたちのラリエット。

    ながぁぁい紐であむあむガーネットたち。先にはフックを付けたので、クルクルと手…

  2. そろそろ。

    ほぼ全部できあがりかな。撮影をすべて済ませてしまいたいと思います。最初の写真…

  3. ちと、しんどいかな。

    昨日、早朝の用事を済ませて帰宅してから、ちょっとやばいかな?と、ちょっと無理…

  4. かがみ。

    3連のぶらんぶらんの写真撮ってなかったぞい。記事を書き終えたら撮影いたします…

  5. ちょいと。

    令和の方のメッセージは、ちょいと時間かかりますね。今ココ\_( ゚ロ゚)とか…

  6. まだやったし。

    先に進めなくて。タブレットにキーボードをつけると、電池の消耗が加速し、少しず…

  7. 美しいシトリン。

    美しいシトリン。ドーム型のシトリンのこの石そのものが美しいんだけど、さらに大…

  8. 心配性で。

    相変わらずの心配性なんで、心配はよくないのだけどさ。福岡は風が強くてね。明…

PAGE TOP