翡翠と琥珀のナチュラルなネックレス

★Sold out★翡翠と琥珀のナチュラルなネックレス

小鹿ちゃん付。何がかわいいって、これね、小鹿だよね。翡翠の存在を忘れそうになる小鹿。翡翠が御神体で、それを守る神の使いの鹿みたい・・のつもりです。琥珀は餌。あ・・鹿は草食か・・。むむむ。留め石はヒマラヤの水晶です。

【素材】

  • 翡翠:約24x10x1mm
  • アンバー
  • ティップリン産水晶
  • 透かしビーズ:シルバー925
  • ピン:シルバー925
  • 小鹿:シルバー925
  • ワックスコード綿100%(ベージュの紐、明るめブラウンの紐、ブラウンの紐よりお選びください)
  • サイズ指定可能(ご指定が無い場合には約50cmにて制作をいたします)
  • 石の説明と活用法
    初めてakuaをご利用の方には、「石へのプログラミング~祈りの具体的なステップ~ 」
    スピリチュアルメッセージ

illust-hokkori3

大きな流れの中に居るということ、もっと広い視野で物語を見られるように。日常の細かい出来事に振り回されて本来の目的を見失っている時に。本来の目的っていうのも大きなながれのこと。何度も繰り返し産まれてきたという大きなながれの話です。産まれてくるときに、それぞれがこの人生に目的を持ってやってきてまして、課題があり。変えられないのは宿命で自らの学びで必要だから選んだ親や兄弟、産まれた国等々。しかし運命は自らの手で変えることができるわけです。ですから、すごく細かいことに気持ちを奪われ感情的になったり、落ち着かなくなったり、今の些細なことから生まれた感情に振り回されて生きている時に。変えられない部分にこだわっていたり、何かにしがみつきすぎていたりするときに、大きな流れの中にいることに気付かせるようです。執着しすぎないように。出来る事を精一杯やったら、あとは任せるということも学ぶ様子。やるだけのことはやった、あとは神のみぞ知るではないですが、そのような明け渡し、清々しさがあるので、その結果がどうであれ、それが必要な学びであり、課題の一つだったり。抵抗しない、あるがままに受け入れる。しかし流されるままの怠惰ではなく、精一杯の努力をして、あとは流れにまかせる。その結果はいずれありますし、けして無駄ではなかったと気付けます。もっと全体を見渡せるように、遠くを見ていけるように、出来ごとの表面だけに惑わされないように、そして今の自分が目的を持っていること。自分で自分の行くべき道を邪魔しないように道案内のようです。

その他の作品はこちらから→『ちくちく、あみあみ限定作品

関連記事

Tag Cloud

return top