2代目ミャンマー産天然水晶手磨き

★Sold out★2代目ミャンマー産天然水晶手磨き

先日の1代目がよかったので、残りの1点を入荷です。相変わらず葛のようにとろんとした水晶。これがこの地域の水晶の特徴のようです。手磨きで球にしようとしているのですが、またまたミカンみたいな形になってます。やっぱり力もおんなじです。おもしろい。

こうゆうのは、それぞれの力が入ってくるので、独特の力が強く出てきます。手に持つとわかるかと思います。強いです。大切に大切にされてください。広範囲での清め浄化に守りに。思考の整理に。

【素材】

  • ミャンマー産手磨き水晶球:約40mm・約89g(小さなアクリル台座あり)
  • 石の説明と活用法
    初めてakuaをご利用の方には、「石へのプログラミング~祈りの具体的なステップ~ 」
    スピリチュアルメッセージ

illust-hokkori3

悪しきものからの解放、好転させていくお手伝いのようです。自分の欠点には気付きにくいもの。他人のの欠点は目につくもの。自分を客観的に見ることは難しく、他人のことなら冷静に分析することができたりします。他人の欠点を通して、自分の欠点を見直していけるよう、幸せの道を開いていけるようお手伝いのようです。気になるということは、自分の写しが鏡であったり、似たような部分を持っている(類は友を呼ぶ)から、そこが気になったりするものです。波長も同じだったりするので引寄せあいます。自分を映す鏡と言うことでもあり、または反面教師だったりもします。自分が直すべきところを冷静になり、分析していけるように、気付かせるようです。自分が変わることで波長があわなくなりますから、新しい出逢いと新しい場が始まり、次のステップへと飛び出していけます。

自分そのものであったり、自分にたりないものなど、すべては映し鏡であり、そして必ず原因があって結果があります。すべての責任は自分にあります。なんであっても人のせいにはできず。幸せも不幸も自分が作るものです。必ず自分のしたことが(言葉、想い、行動のすべて)自分に戻ってくるだけなのです。どこで負の種まきを止めるか。現状は過去の原因があっての結果ですから。今からどうするのか・・。他人を通して自分に気付けるように、自分自身を正し直していけるように、これ以上に不運を作らなようにするために、自分に気付くことが一番の幸せの近道となります。過去に囚われていることは、人生の好機を逃してしまいます。過去とは、つい先ほどのことであってもすでに過去なのです。

相手も完璧な球じゃないように、自分も同じようにこの水晶球のようなものなのだと。誰もが同じであるから今を生きているのだと。研磨し磨き続ける仲間であると。悪しき過去から解放していけるように、過去のトラウマからも解放していけるように、他人を通し、理解する力、また自分に気付かせ直し、幸せの道を開いていけるよう、好転させるお手伝いするようです。

その他の作品はこちらから→『ちくちく、あみあみ限定作品』(★Sold out★の作品は、再販はございません)

関連記事

Tag Cloud

return top