少し制作。

 

塩野義社長、コロナ飲み薬「年内に承認申請」 供給体制も整備(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

記事のコメントに

日本の製薬メーカー興和は7月1日、抗寄生虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス感染症の治療薬に用いる第3相臨床試験(治験)を実施すると発表した。
2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した北里大学の大村智特別名誉教授らが発見した抗生物質で新型コロナの感染者数も死亡者数も劇的に減らす効果がある。

こちらの方も、前倒しで条件付き早期承認をお願いします。
薬価も安いし、すでに安全性は実証済みですから。

 

COVID-19対策北里プロジェクト|北里研究所 (kitasato.ac.jp)

イイ感じだね。イベルメクチンは、安いもんだから、儲けないから、ダメな薬にされていたのよね。結果を出しているのに、それを表にださず、さらに、悪意のある記事とかあったの。もうさ、ここにきて儲けとかさ、そんな状況じゃないだろうって思うんだけど、命を経済を救うことなのに。それでも利益優先がいつまでもいるんだなぁと、嫌な世の中です。

今さえよければいい、金さえはいればいい、自分さえよければいい。

あたしゃワクチンじゃなくて、治療薬がいい。それまで頑張りたい。

 

 

北海道で「災害級」干ばつ 深刻な農作物被害、牛ぐったり(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース

北海道で、過去にない異常な干ばつで農作物に被害が発生している。“100年に一度”とされる少雨と高温が続く記録的な渇水傾向にある。タマネギの変形、飼料作物の収量大幅減、農作物が枯れるなど「災害級」との言葉があがり、JA組合長からは「営農開始以来最大の危機」との声が漏れる。しばらくは少雨が続く見通しで、雨が降っても生育は回復が見込めないとして、今後も被害が拡大する恐れが高い。

 

北海道石狩 干ばつ対策が必要/紙氏、JA組合長と懇談 (jcp.or.jp)

「干ばつ被害は災害として対策を打つべきです。このままの状況が続けば営農は厳しくなる。全道的な被害なので、早く対策を打ってほしい」と訴えました。

 紙氏は、政府がコロナによる米価下落対策を農家と生産者団体の自助努力に押しつけ、米を減らして他の作物に向けてきただけに「畑作がこんな状態では農家は大変な状況になる。政府が思い切った手を打つ必要があり、農水省に調査させ、早急に対策を打つように求めていく」と応じました。

ここだけじゃなくて、あちこちの地域であっていると思うの。いつでも手軽にいろいろ買える環境にいるのが、当たり前の国民は、オリンピックで浮かれていると思います。バカ騒ぎで、大事なことに気付いていないと思う。

人のメダル噛むなて。インスタのフォロワーさんが写真を出していて、見て笑ったけど、やってみたかったんだろうね。子供のころからの夢みたいな感じに見える。ごめんけど笑った。キモイ。自分の親ならともかく、キモイ。

私ならその場で捕まってもいいので、回し蹴りするか、目の前でビニール手袋してそれを持って、他の記者やら、そこに居る人に、ほらほらって触って!ってもって追い掛け回す。そして、アルコール消毒して、ばっちぃものを触るかのように箱へ、とんでもなく大事なものなのだというように、さらに上等な紫色の風呂敷に丁寧に包んで、手を合わせてしまう。自分の手も消毒して、終始無言、静かな作業、無表情で。

そして、ニコッて最高の笑顔で、話の途中だろうが、質問が出ようが、では・・と頭を深々とさげて、答えず去る。

そんなんは、もういい。オリンピックとかどうでもいい。

宗像でも農家の方で、今までとの違う畑の状況に、困っているところも多いのです。雨が降ってなかったから。高温続き。

他の県でも、前年より早い実りで、前倒しの収穫もある地域もありますし、それって怖いことだと思います。

日本の話のごく一部。世界で見ると、山火事だの、大雪、水害、干ばつ、よくよく見て下さい。今までにないという発言の気候変動による影響のものが多い、災害がいっぱいです。

当たり前にあった食べ物が手に入らなくなるのが、怖いことです。年始でメッセージを送っていた方、その内容を昨日見てて、なるほどなと思った次第です。二回ほど届けてますよね。

野菜作ってね、自分で食べるものは、少しでも。種があれば。ノアの箱舟みたいだね。たしか動物と種と食料と・・とかを船にのせた話だったよね?

戦争とかわらないことばかり。有事なんですって。それなのに浮かれている。

広島原爆の日。手をあわせる。心配させない生き方を。

「石ころ。」

少し作ってみた朝。もうそろそろ取り掛かれます。サンゴを持たせてます。悪い波動を崩す力を持っている物。潜在能力を開花させて、幸せを呼び込んでくれる。海に関するお守りだし必要だと思うし。

本日、残りのメッセージをお届けしてなかった方々へと届けていきます。大変お待たせしております。お待ちくださいね。

 

夏バテ気味。

来年も植えよう。

関連記事

  1. たまには真面目な話。

    家の中でも選挙に関して、というか今の政治に関しての考え方の違いがあって、個人…

  2. のぼり、くだり、また行きたい。奥にある滝へ。

    膝が笑う。予想を超えた階段の嵐。階段を登るのはよいのだが、帰りは降り辛くなっ…

  3. 編み物の朝。

    ささぁと、ついでに編んでしまう。編み物すると止まらなくなるので、危険よね。首…

  4. この様子だと3日分。

    昨日肉とか魚とか、まとめて1ヶ月分買ってこようと思ってて、しかし、お店まで…

  5. 野菜たち。

    キャベツにレタス、チンゲン菜、ほうれん草、ネギ、じゃがいも、玉ねぎ、カブ、原…

  6. 惑星みたいで。

    連休は、計画をたててはなくて、行きたいね!調べとこうかのうと、調べていってな…

  7. 変わること。

    先日キャンプをしたときに帰りに寄ってみました。「糸島市の白糸の滝」です。静か…

  8. ちょいと。

    令和の方のメッセージは、ちょいと時間かかりますね。今ココ\_( ゚ロ゚)とか…

akuaは石ころ屋さん

akuaは石ころ屋さん

「akua」とはハワイ語で神・霊的な意識・精霊など深い意味を持ちます。古代ハワイでは、石にも岩にも意識があり、心を通わせる事ができると信じられてきました。石に思いやりと敬意を持つことで、石との交流は深まります。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP