日本の石。北海道オブシディアンUPいたしました。

オブシディアンの中の2つを、まとめてから、わかった事があれば、また、お伝えいたします。

お伺い追記

浄化され、蘇る力。第三の目と関係ある物に。アイヌの方々は自然霊と共に生きて来て、共存共栄、命を粗末にはしない、生きていくための食事として、熊をしとめるにしても、儀式があって浄化させ、たましいを昇華させるようなのがあったと思います。何一つ粗末にすること無く食し使い果たす。毛にしてもね。蘇るとはそのことかなと思いますが。本来の日本人のもっていた見えないものを敬い、自然霊と共に生き、命を大切にし、生き方、崇高なたましいの方々の力があり。

因果の法則で刈り取りがやってくる。生きている方が大変だと気づく。亡くなった方が羨ましく思うような時代に。日本も世界も。だからこその、彼らのいた時代の高い精神性のことを、伝えている感じです。獣のようなエネルギーで生きないこと。人間としての生き方をすること。たましいの向上のために生きること。心ここにあらずのような、あけ渡すような生き方にならないよう。憑依を避けること。危険ばかりになってくる。

望む結果を得るために、今からできることを考え行動へ移せる人へ。正しくありたいという意識のあらわれがあり。情況に流されること無く、冷静に事の成り行きを見守ることが出来る人へ。間違いをおかさないよう、自分に厳しく。他人の出来事でも自分を省みて現状を変えていく姿勢へ。偏った見方をしない。偏見差別をなくす。アンバランスが危険なとき、正当な評価に繋がる真実を見極める目。足るを知る。

お守りとして、今回出品した他の作品にも、一粒ずつオブシディアンのアイテムを作ってお渡しします。足りない分は追加注文します。急ぎます。

PAGE TOP